FC2ブログ

PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

久々に胃捻転と食事のはなし

先月末の事になりますが、動物番組の「ポチたま」で人気の旅犬だいすけ君(ラブラドール)が胃捻転で亡くなったそうですね。
まだ6歳とのこと、アスターと同じ年齢だったんですね。。。
ご冥福をお祈りします。


アスターが2度目の胃捻転を起こしてからもうすぐ2年半が経ちます。
今も胃捻転の不安は常に頭の片隅にあり、神経を使います。
久々に胃捻転の時の記事を見直したりしましたが、やはり今思い出してもゾッとします。
読み直して、また少し気を引き締めないととも思いました。
携帯の充電はなるべくマメにしておく事。
万が一かかりつけ病院が院長不在などで対応できなかった場合に備えて、第二候補の病院を決めておく。
(深夜の場合は横浜夜間がBestなのだが、一人で苦しがるアスターを乗せて運転1時間は難しいかもしれない。)
1軒、20分圏内で行けそうな病院を新たに見つけたけど、実際内情がわからないと少し不安。
かかりつけ病院と同じで、手術慣れした先生がその日その時に即座に対応してくれるかどうかが不明だし・・・
夜でも確実に診てくれ、確実に手術を任せても安心な病院って、ありそうでなかなかない。
あっても、少し遠かったり。
でも、30分~1時間圏内ならば多少遠くても確実な病院を選んだ方が良いかもな。
色々想定してシュミレーションしておかないと。

日頃、一番気を遣うのが食事と運動の兼ね合い。
2度目の胃捻転の後から、1回に食べさせる量を少なめにする為に食事回数は1日4~5回です。
空腹時でも起こる時は起こるそうなので、胃捻転予防になるのかどうかはわかりませんが、1回分の量が少なければ、万が一捻転を起こしても処置が比較的早く済むし。
どうしても日中動かさなければならない時などは、1日に食べさせる絶対量はあげられない事が多いです。

アスターの食事は2年ほど前からグレインフリー(穀類不使用)のフードにしています。
1種類にせず、色々なメーカーをローテーション。(今はグレインフリーが沢山あるので助かります)
現在よく使用しているのは、フィッシュ4ドッグス(タラ・サーモン)・ケーナインキャビア(ベニソン)・テイストオブザワイルド(サーモン・ベニソン&バイソン・ダック&チキン・ラム)の3メーカー7種類。
他メーカーもあるのだけど、粒が大きすぎたり、芯がふやけにくかったりするので、今はこの3メーカー。
夏場は体温が上がりやすいラムベースは避けています。
ちなみにフィッシュ4は、これまでで一番ウンの調子が良いです。

フードは消化酵素で食前消化させたペースト状の物を、1回に多くても1.5カップ以下。
1日に6カップです。(だいたい660~700グラム)
(1カップ110~120グラム程度)

フードを食前消化状態にするのに必需品なのが「消化酵素」。
我が家では絶対に切らせられないものです。
消化酵素も色々種類があるので、今は4種類を適当にローテーションしています。
先日、また追加購入した分です。↓
P1300050.jpg
右の3つがパンクレアチン8X。その隣2つがアドバンスドエンザイムシステム。
一番右は消化酵素ではないけどトランスファーファクター。
主に私が疲れている時や風邪ひきかけの時に飲んでます。
(殆ど風邪薬の代わりみたいな飲み方してますが、これ飲んでから酷い風邪ひいていません)


あとは時折夜のみ肉メインの手作りorバーフ。
バーフは最近は加熱しています。(アスターの体質上、生だと少し怖い)

P1290865.jpg
手作り食のペースト。

あんまりこんな物ばっかりだと消化能力が衰えそうだけど、固形物を与えるのはやっぱり何かあった時に怖くて与えられません。
たまに肉をそのまま与えたりするけど、丸呑みするんだもん・・・
骨なんかも、平気で塊を飲み込もうとするのであげられません。
何でもない犬ならいいけど、アスターの場合はリスクが高そうだもんなぁ。

もう二度と胃捻転はゴメンです
だけど、どう頑張っても防げない時は防げないのが胃捻転なんですよね・・・

| 胃捻転関連 | 23:15 | comments(5) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

早食い防止アイテム

先日レンの飼い主さんから、「レンが早食いで食後のゲップが気になるのでこんな物を買ってみました」と画像入りでメールが来ました。

その名も「味わい丸」w

これ、結構前にもネットで見た事があったのだけど、試すにはちょっと高いな。って思ったのか、陶器の食器が割れやしないか?と思ったりで購入まではしませんでした。
だけど、セール中で結構安い!
送料入れても千円ちょっとなので、我が家も購入してみることに。


使って1週間ほど経ちますが、そんなに重くないし、洗いやすいし、確かに以前よりゲップをしないところを見ると空気は飲み込みにくいようです。

味わい丸でお食事アスター

| 胃捻転関連 | 22:09 | comments(6) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

胃捻転について参考になるブログの紹介です。

今日はちょっと真面目な記事です。
AsterのGDV再発から1年が過ぎました。
この季節になると特にドキドキしてしまいます・・・

1年経ったからってのもありますが、ふと思い立って胃捻転についてのブログを検索してみました。
結構、久々に検索してみると新しい情報があったりもするので・・・。

すると、なんと3頭の胃捻転、1頭の子は再発で合計4回の胃捻転経験を持つ方のブログにヒットしました。
犬種は違えど、我が家とまったく同じ!!でビックリしました。
こちらの子達はアイリッシュセッターとゴードンセッターのファミリーです。

胃捻転についても詳しく書かれていますが、何よりご自身で独自の実験などの結果も載せられており、参考になります。
また、食餌にはこれ以上ないくらいに、とても気をつけておられています。
我が家では真似出来ませんが、参考になると思います。

リスクの高いシェパ飼いの皆さんにも見てもらえたらと思い、ブログで紹介させて頂けないかとお願いしましたところ、快諾していただけましたので、早速リンクを張らせてもらいました。
     ↓↓↓
♪オリーブ工房のカンバン犬

胃捻転についての記事



usakoさん、ありがとうございました。

| 胃捻転関連 | 21:46 | comments(4) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

胃拡張用の

4回の胃捻転を経験してしまった我が家、デーン飼いの友人にも色々相談した際に
応急処置として、ガスをホースで抜く方法が良いのでは?とアドバイスをもらった。
本当は穿刺を勧められたけど、やっぱり怖くて出来ない→(穿刺とは太めの注射針、胃捻転の場合は18ゲージの注射針を左腹部から刺す事)
それまでも、一応胃まで到達する長さのホースは常備してはあったものの、実際使おうと思ったためしがなかった。
実際にホースを突っ込む事での状態の悪化があるんじゃないかという怖さもあったのだけど、捻転の程度が軽ければ、ホースを突っ込んでガスを抜く事で進行を遅らせる事が出来る。
特に、4回目の時は院長の到着まで無駄に待合室で待たされてしまったもんだから、あの時間で自分ひとりで出来る応急処置があったのではないかと、反省もあり・・・

ずいぶん前からブロートキットがある事は知っていたけど、国内での入手が難しそうで、ホースだけ手元に置いてあったんだけど、その友人が「咬ませるものなら木でもいいよ。木材の真ん中に穴開けて」
あ。そりゃそうだ・・・・汗
頭は生きてるうちに使え・・ってこのことですね。
って事で、建築関係をしている方にちょっくらお願いして、木片の真ん中に穴を開けてもらいました。
(Hさん、ありがとうございました!!)
この穴にホースを突っ込んで胃まで・・・・本当に出来るか不安ですが。

DSCF3740.jpgんがっ

実際、使わないで済むのが一番ですが・・・
今のところ思わぬ使い方をしちゃってます(汗

http://www.youtube.com/watch?v=r5VqebqRoQY

| 胃捻転関連 | 00:33 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

はぁ・・・拡張

熱はその後39℃台前半が行ったり来たり。
熱に関してはあまり気にしていません。(苦笑)
とりあえず、明日またオゾン療法をしてもらう予定なので、そっち頼みかな。
それで落ち着くんじゃないかと踏んでおります。

で、それより何より・・・
今日、術後初めて胃拡張を起こしました
昼の食餌の際、食べ終わるくらいの時にゲフッゲフッと食べながらムセだしたので、サプリメントの粉が気管に入ったのか?と思い食器を取り上げて、様子を見るも、今度は空気を飲む動作が止まらない。
お腹を軽く押してみたり、手を当ててみたりしたものの、どんどん空気を飲むもんだからお腹が少しずつ張ってきた。
ヤバイと思いすぐにガスコン40mgを2錠飲ませる。
その後もお腹を擦ったりしつつ、様子を見るがお腹が張ってくる様子が目に見えて感じられて結構恐怖だった。
10分後ゲップをし、お腹もへっこみ落ち着きを取り戻したのでホッとしたものの、また5分ほど経ったら空気を飲み始めた・・・・・・
おいおい、空気飲むなよぅ~~(T-T)
またヒィ~と言い始めたので、ガスコンを更に1錠追加。
暫くしてまたゲップが出る。
とりあえず、様子を見ながら、昔から何かあると頼っている知識豊富なデーン飼いの知人に電話で相談。
胃捻転時の飼い主の対応や、拡張時の対応をどうしているか、食餌内容など、常日頃疑問に思っている事を質問しまくった。
流石、デーンオーナー。
というか、その人が凄いのだが。
今まで、知識にはあったけど実際本当に大丈夫なのか不安で出来なかった事を事細かに説明してくださったので、次回何かあった時はもう少し、進行を抑えられるかもしれません。
・・・って次回があったら困りますが・・・・汗
でも、可能性は十分あると今回話を聞いてて思いましたorz
あっちゃん。もう母ちゃんの貯金、底をついちゃいますよ。。。泣
そしたら安楽死ですよ、あっちゃん。(←ブラックジョーク)
冗談はさておき、とりあえず、また新たな引き出しが増えました。
胃捻転、どーんと来いだ!!!(嘘)

で、その電話の間も、寝ていたかと思ったら時折起きて空気を飲み出し、ゲップを繰り返していたものの、次第にその症状も無くなった。
だいたい2時間胃拡張を繰り返してた計算。
過去の拡張は食べてすぐではなかったので、一度ガスコンを飲ませれば遅くても40分以内で完全に落ち着きましたが、今回は食べてすぐだったので、胃の中に未消化の食べ物が入っててこれだけ長くガスが溜まり→抜け、溜まり→抜け・・・・を繰り返してしまったような気がします。

こうして考えると食べた物を吐けてしまえば、ラクになったのでしょうが・・・・

夕方は念の為食餌抜き。
夜にはすっかり落ち着いた様子だったので、今日届いたばかりのサプリメント、「ダイジェストサポート」を入れて軽く食べさせましたが、今のところ落ち着いています。
ガス抑制成分が入っているといううたい文句に、購入したのですが、良かったかも。
他、消化酵素系ばかり3種類買ってしまいました。
何が一番良いかな?

DSCF2194.jpg
アドウィン、アスター、アイカ、アンティス、テオ。
こうして見ると女の子は一目瞭然ですね。

| 胃捻転関連 | 22:18 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

PREV | PAGESELECT | NEXT