FC2ブログ

PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

犬種差別

「禁止犬種」に指定の飼い犬、市が取り上げ殺処分
各国愛犬家から批判


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120712-00000017-cnn-int

北アイルランド・ベルファスト(CNN) 北アイルランドの中心都市ベルファストの市議会は11日、各国の愛犬家から寄せられた助命嘆願を振り切る形で、禁止規定に違反して飼育されていた飼い犬を殺処分したと発表した。

処分されたのは、「危険な違法犬種ピットブルテリアの一種」と市議会が判断した7歳の「レノックス」。飼い主のキャロライン・バーンズさんによると、家族に可愛がられ、躾も行き届いていたという。しかし北アイルランドではピットブルテリアの飼育が禁止されており、市議会に見とがめられて2年前に野犬捕獲員に連れて行かれた。

これに対して各国の愛犬家から批判が巻き起こり、「レノックスを助けて」と訴えたバーンズさんの呼びかけに応えて有名人や政治家などを含む20万人がインターネットの助命嘆願に署名。動物愛護団体の活動は海を越えて広がり、米ニューヨークの英国領事館とアイルランド領事館前でも助命嘆願集会が開かれた。

裁判にも持ち込まれたが、北アイルランドの最高裁は6月、レノックスの殺処分を命じた下級審の判断を支持。これを受けて市議会が処分実行に踏み切った。市議会ではピットブルテリアについて「極めて予測不可能で危険な犬」だとする専門家の意見を添え、公衆の安全を優先する必要があったと強調している。

北アイルランドのロビンソン第1首相は短文投稿サイトのツイッターに「愛犬家としてこのような結末は非常に残念だ」「引越しさせる選択肢を検討すべきだった。代替措置があるのになぜ命令を実行したのか」と書き込んだ。

バーンズさんは「市のやり方には強い憤りを感じる。レノックスにお別れを言うことさえできなかった」と肩を落としている。





なんともショッキングで憤りを感じるニュースです。
危険な犬種だから殺処分?!
なんら問題のない子を、なぜ殺さなければならなかったのかな。

問題なのは犬種じゃないのに・・・・
違反とは言え、何も殺さなくったって良かったよね。

大体、『ピットブルテリアについて「極めて予測不可能で危険な犬」だとする専門家の意見』って、
何の専門家なの?!と聞きたい・・・
専門家でもなんでもないじゃん。



| 犬全般 | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

獣医さん

こないだ猫二さんに送ってもらったシーザーDVDを毎日少しずつ鑑賞中です。
夜見ることが多いので、だいたい鑑賞しながら知らぬ間に寝ていることが多くてなかなか進まなかったのですが、
今日は雨だったので、一気に見進める事が出来ました。
で、ちょうど私が先日体験した事とシーザーのDVDでタイムリーなエピソードがあったので記事にしてみました。

数日前、近所で里親さんになってもらったシェパ(2歳の未去勢♂)を病院に連れて行くのに、新しい飼い主さんは
まだ掌握しきれておらず不安な様子だったので私がサポート役として付き添ったのですが、この病院の先生の対応に感心しました。

そのシェパ君、待合室に入るなり突如不安になり「帰ります!!」状態。
不安でピーピー鳴き、外に出ようと興奮気味。
初めて来たはずの病院だけど、薬品の匂いで過去の病院での嫌な記憶と結びついたんでしょうね。

診察室では、とても気さくな感じの院長先生が。
犬の様子を見るなり、いきなり診察するような事をせず、まずは犬との親和に時間をかけてくれました。
診察台の上には上げず、焦らず犬の様子を見極めながらじっくり接する様子を見て、
「わ~、ここなら今度アスター連れて来たい」と思いました(笑)
たまたま他の患畜が少なかった事もあるのでしょうが、診察が終わって帰るまで雑談をしながら待合室でしゃがみながら犬との親和を深めてくれていて、犬も結構早くに落ち着き「ここではあんまり嫌な事されなかったぞ」とすっかりリラックスしていました。(でもちゃんと注射も採血もしたんですよ)

いや~珍しく良い先生だなー。
(ついでに色々聞いちゃった私ですがw)

大型犬に全力で暴れられたら犬も先生もAHTも、むしろ大変だから犬自身に協力してもらわなければならないと思う。と仰っていて、その通りだと思いました。
採血の際も無理強いせず犬の精神状態を見極めながら、タイミング良くスムーズに済ませていましたし、こういう先生がもっと多かったらいいのになぁ、と感じたばかり。

で、話は戻りますが今日シーザーを見ていたら移動式の動物病院の先生のお話でした。
患畜の中でワースト3に入る3頭をやっていましたが、当然みんなパニック&リードを付けるのも口輪を装着するのも大変なほどの抵抗と攻撃。
これをシーザーは時間をかけてそれぞれに対応し、まぁ結果、皆穏やかに診察を受けたわけですが。
シーザーみたいな獣医師と言うか、保定役が居たら安心して任せられるだろうなー!

番組内のシーザーの言葉で印象に残ったのは・・・

「多くの獣医は犬の手術は習うが本能について学ばない。」
「鎮静剤の代わりに時間をかけます。」


納得!笑
動物病院も忙しいと時間をかけずに犬の不安を無視して手早く処置をしようとしたり、抵抗する犬を無理矢理力で抑え込もうとして余計に恐怖心を与えてしまったり。と言うケースが多い。
結果、病院嫌いな犬を作るし飼い主側もなんか焦ってしまうことが多い気がする。

もちろん、知識や臨床経験の豊富さや手術の腕前は一番だけれどもね。


な~んて記事を書いていたのに、シーザーの来日を知り記事の公開を忘れてましたw

| 犬全般 | 22:01 | comments(4) | trackbacks(1) | TOP↑

≫ EDIT

シェパードの遺棄

1年半前、シェパの子犬3頭が浜松の保護団体さんで保護され、そのうち2頭を我が家に委託&里親探しをした事がありました。
それがレンとマギーで、今は各里親さんの元で立派に育ち、愛情たっぷり可愛がっていただき幸せに過ごしています。

P1300230.jpg
マギー&レン

昨日マギママからのメールで、同じ団体さんに
「♂のシェパードが保護されているけど、もしかしてマギー達の父犬じゃないかしら・・・?」と。
私も確認の為に画像を大きくしたら、後ろ足に狼爪(ろうそう)がある。
うーーん、確率はゼロではないかも。。。と思っていた矢先。
今朝になってまたマギママから
「また新たに別のシェパードが保護されたみたい。2枚目の写真の子なんかマギレンそっくり。同胎じゃ・・・」と。。

見たらホントに・・・このウルフの子は特にレンによく似てると思う。
1334078234649570.jpg
表情が悲しげと言うか・・・。

1334078191873781.jpg
BTの♂も、どことなく似ているような。

1334078347067889.jpg


浜松里親通信さんのブログにも書いてありますが、同じ人間が遺棄した可能性は高いですね。
なるべく早いうちに良い里親さんが見つかる事を祈ります。

http://dog.pelogoo.com/hamamatsurescue/archive/1334083379017967.html

http://dog.pelogoo.com/hamamatsurescue/archive/1333739383388633.html#res1333755144277610

気になった方、是非アニマルフォスターペアレンツさんに問い合わせしてみてください。

| 犬全般 | 23:38 | comments(4) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

BSでシーザーが!

ナショナルジオグラフィックで放送されているシーザーミランの「カリスマドッグトレーナー」。
現在、日本のナショジオではシーズン4に突入しているようです。
加入していない我が家は相変わらず猫二さんに頼っています・・・m(__)mスミマセン。

しかし最近、BSでもシーザーミランを放送開始したとの情報をGET!!
BSなら階下で加入しているので、知った時はテンション上がりました!
とは言え、我が家は録画出来るものがない。(人から貰ったDVD再生デッキのみ)、
なかなかリアルタイムで見れるとは限らないし、階下の特定のテレビのみなので、誰も他に見る番組がないとか、運が良くなければ見られないのですが・・・。
今日の夜8時にも放送していたので、初めてリアルタイムで見れました♪
シーズン1なので、一度か二度は見ている内容だけどw、良い復習になりました^^

BSだとこれまでより多くの人が見れるんじゃないかな?
これまで見れなかった方々には是非見て欲しいです
BSのFOX238でシーズン1から放送中です


| 犬全般 | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

いざ、買い物へ!

更新遅すぎですが・・・
先週末、何年ぶりかのドッグショー(東京インター)に行って来ました。
数年前の東京インターでケンネルコフをもらってきてしまって以来、怖くてこの手の会場から少し足が遠のいていましたが、喉元過ぎれば・・・な部分もあり、数年ぶりに出かけてきました。

やはり数年分の我慢が爆発したか、毎年2回通っていた頃よりテンションが高くなってしまって(←私のw)、すっかり冷静さを失い、買い物症候群かの如く買い漁ってしまいました。(汗)
財布はひっ迫していると言うのに、我ながら何をやっているのやら。

お店の気前が良いと、益々テンションが上がって「○個買うからいくらにして~」とか「これ、オマケでつけて」とか、調子に乗ってしまう。
そして本当に欲しいものじゃなくても買ってしまうんですわ。
恐ろしい。

自分でも呆れるほど、午前中から夕方近くまでブースを何周も回るわけです。
(結局一度もショーのエリアには足を踏み入れない人w)
とにかく犬と人が多いから、何周回っても、「あら!こんな掘り出し物があったのね」と言う事も多々あり。
あ~~散財してしまったけど楽しかった。満足w

今回の戦利品(?)、特別に激安な物はなかったんだけれども、おもちゃ系をプレゼント用にごっそり買ってきました。
昔から使っていて無くしてしまったチャンピオン犬具のコームも買えたし(これ、他メーカーのコームとちょっと違うの)、無くなりかけていたクイックストップも購入。
お気に入りで使っているショー用のチョークカラーも各サイズ買いました。
あとは、早食い防止の食器も安く買えました。(プラスチック製品ってのが気に入らないが、お祭りの勢いで買える安さだからw)


しかし反省点は多し。
とにかく私が興奮し過ぎているので、アスターの制御が利きにくかった。
自主解除はするわ、好き勝手な行動がかなり目立ち、行動中も前に出るわ、他の犬を無視出来ずグイッと行こうとするわ・・・私も、丁寧にやらずに注意したりしなかったりしてしまった。
ダメダメです。
犬は飼い主を写す鏡とよく言われますが、本当にその通り
私の妙なハイテンションは、もろにアスターに伝染していたと、猛反省です。


4月のアジアインターに行くかどうかはわからないけど、次回行く事があったらもっとしっかり丁寧にやらなければ。

さてさて、この東京インターにはマギーとレンも来ました♪
この様子はまた。

| 犬全般 | 12:54 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

PREV | PAGESELECT | NEXT