PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

再開

Asterの胃捻転から5ヶ月。

先週、5ヶ月ぶりに・・・・レッスン再開しました。
ちょっと心配しつつも、訓練士さんも「今日は短めにやりましょう」と気を遣ってくれながらの訓練。

内容はAster的には好調で、あとは私次第ってところ・・・
まだまだ共同作業ではないんですよね。聞かせるのに、必死です。もう少し聞く耳を持ってくれ。汗

とりあえず、何事もなく無事に終える事が出来ました。
ご本犬は、久々で「ぢがれだぁ~~~」と言いつつも満足そう・・・
夜とは言え、息の上がり方は凄いので、ドッグランのお風呂(?)をお借りして急速に身体を冷やしてもらったら5分ほどで呼吸が落ち着いた。
早いうちに呼吸が落ち着けば、何となく安心。

Asterの負担を極力減らす意味でも週2回だった練習を週1回にしてもらいました。


何だか再発再発とマイナスな面ばかり考えてしまいますが、実際はきちんとした固定術がされていれば再発例はそう多いワケではないようです。(通常、固定部分は多く見積もっても2週間もあれば癒合するんだそうです・・)
何人かの獣医師には相談しましたが、通常、固定した位置などが逆でなければ、再発はまずないとの話でした。(胃が回転しようとする逆側に固定しなければならないそうで、たしか左側を止めなければ意味がないと仰っていた。なのに教科書によっては右側を固定すると書かれていたりするそうで・・・・汗)
要するに、執刀した先生の腕が良ければほぼ再発はないと。
執刀した院長ご本人にも、何度か訓練の内容を説明して、大丈夫か確認していますが、「大丈夫」との答えをもらっているし、ここは先生を信じて。
(きっと再発を口にする事って、先生にとっては失礼なことなのかもなぁ・・・・と今更思う)


そんなわけで、ペース的には更にスローペースになりますが、週1ならば私もAsterも負担は少ないし、マイペースで行きたいと思います。


DSCF6879.jpg
スポンサーサイト

| Asterの成長記録 | 20:39 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

ぎゃはは(^。^;)
私も文章を読んで思った
胃固定してて「再発しないですよね?」て聞いたら、
先生に「腕信用出来ないんです」て言ってるようなもんかなって(笑)

ウチも今回はオペにまで至らなかったけど、次捻転になったら
やっぱり腕はともかく固定するかな~って思った

やっぱり予防出来るだけの事はしてやりたいもんね。
先生の腕にかけるわ

| chie | 2008/09/05 14:40 | URL | ≫ EDIT

chieさん
・・・だよねぇ~(^^;;;
私ったら、失礼な事に結構しつこく聞きまくったわ・・・汗
アンティスやヴェルフの時はそんなに再発の事は気にならなかったんだけど、年齢的にも若いアスターだし、動きが活発だから余計に心配で。

フラムはブロート止まりで本当に良かったです。
仰るようにブロートも繰り返すようならやっぱり固定した方が安心かもね。。。
当たり前だけど、捻転を起こした状態での胃の整復&固定と、予防的な固定術では、
やはり犬の負担も全然違うし回復も早く、日帰りでも可能みたい。
先生だって冷静な状態で執刀出来るし、予防としての胃固定は、ほぼ100%予防可能だっていわれました。

とは言え、なかなか決断出来る事ではないよねi-195
私も結果的にアスターの胃固定をしておけばよかった・・・んだけど、やっぱり予防だけで手術をするのはかなり悩んで、やめたんだもの。
元々、ガスが溜まりやすいタイプだったら決断したかもだけど、アスターは兆候もなく突然。
しかも、ずっと体調が安定していて絶好調の時期になったので、ホント予測のしようがなかったなぁ。

お互い、犬達の様子には常に気をつけましょうね。

| あんとす。 | 2008/09/06 00:57 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://antisaster.blog13.fc2.com/tb.php/837-70e94f19

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT