PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

ホメオパシー

当初は、「何だか胡散臭い、宗教ちっくだなぁ」と思っていたホメオパシー。
そう思いながらも、何だかんだとホメオパシーにお世話になるようになってもう2年半以上経過。
結局のところ、犬達にちょっとした事で薬を使うのに抵抗があり、「気休め程度」に続けていたら、こんなに経っていた。って言うのが正直なところ。
実のところ、今でも「どうなんだべ?」と思っていたりする(^^;;;

ずっと犬達をメインに使ってきたけど、最近自分の健康面にも気を遣わねば・・・ってなワケで、そうは言っても病院に行くのは嫌だし、第一時間がない。
何度も行くのは嫌。
そんなんで、EAVという髪の毛だけで全身状態をチェック出来るものをお願いする事に。
これで気の流れが滞っている部位をピックアップして、レメディを作ってくれるもの。

私はそう大きな悪い箇所はなかったけど、気の乱れがある項目が多かったらしくレメディが2つに分けられて送られてきた。(もっと多い人は液体に転写されるらしい)
ひっかかったのは、大きく分けて神経・大腸・細胞代謝・リンパ・そして膀胱・・・(あとジオパシックストレスも。)
そう、Antisと同じ膀胱です(自覚症状はなし。多分。)

話によると、犬とその飼い主はリンクしてしまう事が多々あるらしい。
大抵は、飼い主の不調を犬が受けてしまうらしく、いくら犬を治療したところで治らない場合、飼い主を治療したらスッキリ治ってしまった。なんて事もあるようで。

そんなんで、現在私もAntisもレメディを飲んでおります。
(Antisは病院で処方された腎サポートですが)

Asterには気になる毎に常備レメディを適時飲ませていますが、特にメインで飲んでいるレメディはなく、3~4週間に1回程度のオゾン注腸で体調管理ってところでしょうか。

って言うか、マジで自分もオゾン入れてもらいたいくらいですが。
この数日、疲れると頭痛が頻繁に出るようになってきました

犬用のタウリンとエスターCでも拝借するかな・・・
あ。私、粉は飲めないんだった


あー。犬も自分も、何事もなく夏を越えて欲しいものです・・・・

DSCF6577.jpg


スポンサーサイト

| 我が家の犬達 | 16:17 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://antisaster.blog13.fc2.com/tb.php/820-34d63e26

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT