PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

Welf退院

Welf、無事に退院致しました
術後の経過が良すぎるくらい良くて、まさか胃捻転を起こして手術した犬とは思えないほどです。
一昨日から流動食を与え、既に昨日くらいから普通の固形フードを与えても平気だったとか。
さ、流石に固形フードを与える勇気はないかも。(^^;)

とりあえず、消化酵素も注文しておいたので、当面は一日4回の食餌ですね。

帰宅してからとにかく水を異常に飲みたがりますが、少量ずつを何回にも分けて飲ませています。

とにかく母には甘ったれて大変。
帰宅して1時間くらいは母が見えたり傍にいる間中、「ヒィヒィヒィヒィ」と鼻鳴きしっぱなし。
Welfは色々言いたい事があるんでしょうが、落ち着かないので母は部屋に退散していただく事に。(笑)
私と祖母なら黙っていられるんですがねぇ。
日頃母がいかに甘やかしているかってのがわかります。


そうそう、昨日病院に行った時にちょうど患者さんが一人もおらず、先生達も暇そうだったので質問をしてみた。
「AntisとWelf、どっちが手術大変でした?」
すると、副院長が「う~~ん、Antisの方が確か大変だったと思いますよ」と。
Welfの方がガスが溜まっていなかったんだそうだ。
けど、私の感覚ではAntisは殆どお腹の膨れは目立たなかったんだよねぇ。
あんなに硬くなっていなかったし。。。
まぁ、回復具合を見る限り、Antisの方が重篤だったんだとは思う。
胃壁も結構ダメージ受けていたって話だったしね。

で、もう一つ質問を。
「この2年間で他に胃捻転の手術は何件くらいありました?」
「あんとす。さん所だけですねぇ」
「・・・・えっ!!・・・それはすみませんでした・・」
と思わず謝ってしまいましたよ。(^^;)

2年間でウチだけ・・・・ってなんかショックかも。

「先生、次はAsterの番ですから宜しくお願いしますね~」と言うと
先生達全員大笑い。
「いや、って言うかマジで有り得る事ですから・・・・(^^;)」

AntisとWelfの胃捻転オペでスタッフの先生方もきっと経験値が上がってくれているでしょうし、免疫も出来ているでしょうから、Asterの時は更に腕が上がってくれている事を信じて。(爆)
院長が不在でも、頼みますよぉ~。

ちなみに、院長は12日~19日まで不在だそうです。
ひぇ~1週間遅れなくて良かったよ。Welf。
スポンサーサイト

| 胃捻転関連 | 20:52 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

祝、退院。
Welf、大変な事になっていたんですね。。
でも無事退院出来て良かった~。
いつも側にはいるけれど、自分が管理している犬ではない場合の
判断って中々難しいものですね。
あんとす。さんが家に居るときでよかったし。。いつもは逃げてそうな
鬼コーチ(すんまそん)をイザと言うときはしっかり頼りにしている辺り、welf偉かった!

暑い時期ですし、予後もお大事にして下さいね。

| うり | 2007/08/11 01:31 | URL | ≫ EDIT

ふふふ(笑)
イザって時はやはり犬も好き嫌いは言ってられないんでしょうかね。(笑)
あんな事はまずないですから(爆)

仰る通り、いつも把握していない犬は少し判断に時間がかかりますかね・・・・
運動は何時にさせたのか、食餌は何を食べたとか、異物は食べていないかとか、水のガブ飲みしたかどうかとか、全くわからないというか母の言うこともあまり信用ならないので、困りました。(^^;)
異常である事はわかるんですが、緊急事態か否かってちょっと悩んじゃいましたね。

牡の方がなりやすいという事だけど、牝でもなった子はいるからやはり気をつけたいですよね。
でも、やっぱり統計的に見て、たしかに知る限り牡の方が多いかなぁ。。。

| あんとす。 | 2007/08/11 15:28 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://antisaster.blog13.fc2.com/tb.php/589-3b590192

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。