PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

発熱2日目

翌朝になっても相変わらずの高熱。
夜中から朝にかけて2回ほどの嘔吐。

再度病院へ行き検査を受けるが、白血球も炎症マーカーもやはり高いまま。
その場で点滴となった。
とりあえず居れるだけ一緒に犬舎に付き添い、午後になってAsterを置いて帰宅。
正直、置いて行く事自体に抵抗はないのだが、私が離れればエリザベスカラーをしなければならない。
ただでさえ、発熱していて熱そうなのに、エリカラのせいで更に呼吸が苦しそうに見えてしまい、出来る事なら外しておいてやりたい気持ちが働いてしまう。
抜く事はないので、ゆるゆるに装着して置いてきた。
夕方になって、お迎えに。
別に騒ぐ事もなく、大人しくしていたらしい。

熱は少し下がっていたが、それでもまだ熱はある。
先生に「一切食べ物を食べさせないように」と指示される。
膵臓が、、と言っていたので、この時点で急性膵炎を疑われている様子だった。
嘔吐は一度もなく、帰宅してからも嘔吐はなし。

それにしても、いつもやかましいAsterが大人しいので、何だか物足りない自分。
このやかましい犬との生活が当たり前になっている証拠だな・・。
スポンサーサイト

| Asterの成長記録 | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://antisaster.blog13.fc2.com/tb.php/545-73c77aa8

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT