PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

超・怒

午前中、AAを連れて道路を歩いていた時の事。
細い通りで、車や人・自転車が通る道なので、極力端を歩かなければならない。
この通りに面した家に、♂コリーを飼っているところがある。
たまに車庫スペースに放れており、犬が通るとけたたましく吠える。
もう2年くらい前に、近所の知人の犬が2回このコリーに噛まれたという話は聞いていた。
門を開けて飛び出して来るというのだ。
話に聞いてはいたけど、昨日も通って吠えられただけだし、今朝も通ったけど反対側だったので、飛び出す気配はなかった。
帰り道も、同じ道を通って帰らなくてはならなかったので、もう大丈夫なんだろう、という油断でその家を左手に見て道路の左端を犬を左側にして通過。
吠えてはいるものの、出てはこないと過程して、AAに「ツケ」と再度命令して通過したところで・・・・
「ワンワンワン!!!」と吠えながら、瞬時に門扉を鼻で押し上げて飛び出てきたコリー。
まっしぐらに目の前に居たAntisの脇腹に食いついた!
「ヒャン!」とAntisが鳴いたと同時に「ゴルァァアア!!!!」と怒鳴りながらコリーの首根っこをとっ捕まえた。(正確には先に背中を掴んだかもしれないが覚えていない)
そのまま、首輪もしていないコリーの首を掴んだまま、その敷地内に入り、「すみませんっ!!」と大声で呼ぶが、出てこない。(家の扉は開けっ放し)
とりあえず落ち着かせる為にもAAを危なくない場所に座らせ、その間も隙あらばAAに攻撃しようとするコリーに渇を入れながら呼ぶと、やっと出てきた飼い主。
外国人男性で、シャワーを浴びていたのか何なのか、上半身裸で腰にタオルだけ巻いた状態で出てきた。
んなこたぁ~関係ない。頭に来ながら
「この犬が飛び出してきて噛まれたんですけどっ!こういう犬をフリーにされては困るっ!ゲートも犬が勝手に開けられないように直して下さいっ!」と、日本語が分かるのか分からないのか不明な相手に怒鳴り、伝わっているのかいないのかわからないけど、とにかく怒っている様子は伝わったらしく、平謝りだった。
そのまま、首根っこを掴んだコリーを引き渡し外に出ると、また性懲りもなくコリーが吠え始める。
キッ!と振り返って、「そこ、ちゃんと閉めて下さいよ」と残して帰ってきた。

帰りながら、その知人にメールで「あのコリーにやられたよ」と送ったら即座に電話がかかってきた。
何と、偶然にも昨夜遅くに警察を呼んだんだそうな。
知人の犬が2度目に噛まれた後、この飼い主との約束で「二度と犬だけをフリーにしない」と約束したのに、また放しているのを見て、注意しに行ったそうな。
すると、逆ギレされて郵便受けを叩くなどして脅し、最終的にその人と連れていた犬に水をぶっかけたんだそうだ。
それでキレてしまった知人は、その場で110番通報をさせたらしい。

で、たまたま今朝の私の件があり、余計に腹が立った知人は、警察に直接出向いたみたい。
私も一応、こういうことがあったので、きちんと警告してくれないと困る。と警察に連絡しておきました。


幸い、Antisに怪我はありませんでした。
知人から聞いていたので、それなりに即座に対応が出来たからだと思います。これが、もし知らなかったら対応は遅れたでしょう。
Antisの性格や年齢的にトラウマが残る心配はあまりないですが、暫くは気をつけて様子を見たいです。
Antis、ごめんね。

明日以降も、また放れているようだったら、どうしてくれよう。。。
今度は噛まれる前にとっ捕まえてねじ伏せてやろうかな。

っていうか、この飼い主は散歩させていないんですね・・・・
コリーが悪いワケじゃないです。
折角のラフコートが汚らしく、手入れなどされていない。
運動は狭いコンクリートの敷地内のみ。
犬だってイライラしますよ。
躾するとかしないとか、それ以前の問題です。
もし、飛び出して来たときに車が通ったら?
自転車が通ってぶつかったら?
私の犬が避けようとして撥ねられたら?
逆にそのコリーが撥ねられたら?
どうするんでしょう。
そう考えると余計に腹が立ちます・・・・・・

スポンサーサイト

| Antis | 23:04 | comments(4) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

うわ、最悪…。
Cleaも柴犬・ボーダーに咬まれかけたこと、咬まれたことがあります。

「二度といたしません」と簡単に言える人ほど、またやるんですよね。
有言実行、になってもらいたいものです。
しかし、そのコリー、飼主に恵まれず、あわれな……。

| ゆう | 2007/04/19 09:28 | URL | ≫ EDIT

その後
飼い主の奥さんから留守電で、謝罪の言葉が入っていました。奥さんはまともな方のようです。

柴も、ボーダーもちょっと要注意な子が多いですよね。その後のCleaちゃんの精神的なダメージは大丈夫でしたか?
私はこういう事があると、怪我そのものよりも、メンタル面でのダメージの方が気になってしまいます。トラウマになると厄介なので・・・・
幸い、アンティスは今日同じ場所を通っても気にする様子もなく、コリーも居なかったので、大丈夫でした。
すぐ近くで別の犬に吠えられても気にも留めなかったので、アンティスは本当にメンタルのしっかりした犬だなぁ。と改めて実感。

コリーの今後が少し心配な話を聞いてしまい、複雑です。

| あんとす。 | 2007/04/19 23:26 | URL | ≫ EDIT

さいわい、Cleaは犬に対してはあまりないのです。(人にはありますけど)
咬み付かれたときは、「ヴ…」と唸って、一発ばしんと押さえ込み(対ボーダー)。ボーダー、転がされて「ヒャンヒャン」
咬み付かれかけたときは、唸りはしないかわりに、黙って牙だけ剥いて、にらみ据え(対柴)。柴、目線逸らしました。
なのでCleaは犬に対しては大丈夫(というか、ケンカには(笑))
メンタル面は、対人のほうが要注意犬です。ホメオパシーやらバッチフラワーやらのお世話になりっぱなし。レスキューレメディがかかせません(笑)。

| ゆう | 2007/04/22 08:43 | URL | ≫ EDIT

そうか・・
Cleaちゃんは人間の方が嫌だったんですね。
土曜にお会いした時、AsterがCleaちゃんにかじり付きに行かないように気をつけていましたが、私の動きも警戒していましたもんね。
犬に咬まれても、ムキにならないあたり偉いなぁ。
Asterは絶対ムキになるタイプです。
Antisも冷静に対応するだろうけど、どちらかというと逃げてくるかも。(^^;)
Antisには特に咬まれてもやり返そうとしたらぶっ殺す!と教えてしまったから、仕方ないかな。。。

| あんとす。 | 2007/04/24 11:23 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://antisaster.blog13.fc2.com/tb.php/504-e5211aca

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT