PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

ボールに頼るな

1ヶ月ぶりに訓練所へ。
今日は服従ではないんだけど(って、最近は殆ど服従は自主練ばっか)、かなり良い感じでした。
感心するくらいに良い動きだったんだけど、この動きがいつであっても、何処であっても誰であっても、同じくらいの動きになれば強いんだがなぁ。。。ぶつぶつ・・・

で、それが終わった後はグランドをお借りしての服従自主訓練。
(こっちの方が長い)
というのも、日頃から興奮度の高いAsterなのに、訓練所のこのグランドだと更にテンションアップしてしまうのだ・・。(ーー;)
どうも、訓練士さんに習う形だと私のペースで犬をコントロール出来ないのが犬に伝わる為か、私の気持ちも落ち着いていないせいなのか、Asterが興奮。で、私が段々ムキになる。の悪循環に陥る。
訓練所では上手く出来ません。では通用しないので、行く度にこのグランドを借りて自主訓練。というワケ。
今日は、いつもよりは停座の速さも幾分マシ。脚側行進も修正しながらだけど悪くない。
比較的いつもの練習に近い形でやれていた。
と、そこへ花木にホースで水撒きしていた所長さんが、おもむろに
「ボールやりすぎだよ。ボールやらないでずっと続けて色んな科目をやってみなよ、良くなるから。」と一言。
で、そのまま水撒きしながら行ってしまった。。。
「は、はい・・・」
と、とりあえずボールは使わずに、脚側行進やら行進中の停座やら、色々進めていたけど、(そ、そろそろいいかな?)と思って頃合を見計らってボールを与えた。
そしたら遠くから水撒きしながらチェックしていたらしい所長が
「まだあげなくていいよ~!」
「あぅ。ま、まだ早かったですか・・・・・・・・」
「そんなにいつもボールばっかりやってんのー?もうこれくらいになればボールなんてやらなくっても落ちないから。少しくらい被ってもいいから、継続してやってみなよ。大丈夫だから。」と、所長さんなりに丁寧なアドバイス。
しかし、じゃあ何処でボールを使って終了すればいいのかわからないまま、「は、はい・・・」とやってみる。
とにかくずっとグランド内をひたすら集中させながら歩き・・・
行進中の停座をしている時、またどっからともなく所長の声。
「早かろうが遅かろうが、1発目でバチンとやる!」
「はい!」
「座れっ」ばしっ!
後ろから「あぁ~~もうっ、そんなんじゃ自分の足叩いてんじゃないかー」
「す、すみませぇん・・・泣」

でも、言われた通りにやっていると、少しばかり言われている意味がわかってくる。

所長さんも、水撒きを終えて座って見ながら要所要所のアドバイスを下さり、どうにかそれに従いながら、一区切りして終えた。
その後、色々なアドバイスを含め説明をしてもらえた。
聞いていて、自分は基本的な事を忘れがちだな、と感じる。
意欲って事に重点を置きすぎて、というか、犬が少しでも良い時にボールを与えておきたいと言う不安感が常にあったもんで、知らずとボールを多用し過ぎていた。
でも、競技会ではボールが出てこないわけだから、それくらいの時間、いや、それ以上の時間はボール無しでもしっかり集中して意欲が持続出来るくらいにしておかないとダメなんだよね。
「この犬はしっかり基礎を固めてあるんだから、もうボールを出す回数は少なくて大丈夫。万が一、落ちるようならそれはまた別に考えればいい。大丈夫だから。」
そう言われると、「そっか、大丈夫なんだ」と安心する。
よし、また新たな課題・・・というか、新たなやり方で一歩一歩進んでいこうっ。
私がAsterを迎えてから、この訓練所を選んだ理由の一つには血統的にもAsterタイプの犬を扱っている頭数が多いって事もあったので、的確なアドバイスが貰えると思ったから。
実際、Asterの母犬はこの所長さんが担当で訓練ジーガーや訓練Chに出していたんだった。

あまりこちらの所長さんのアドバイスをもらえるチャンスってなさそうなので、今日はラッキーだったかな。

ちなみに、この所長さんが犬を訓練しているところを見た事がない。
以前、見習いの訓練士さんに聞いた事があった。
「一体所長さんはいつ訓練してるの?」
「山(霧が峰)に入った本番1週間前からやってますが、普段は全然やらなくても獲れちゃうんですよ・・・」
「えぇ~~、じゃ、日頃の犬の訓練は見習いの子が代わりにやってるの?」
「いえ、犬も所長しか扱っていないので、本番前の1週間で調整効いちゃうんですよ・・・・」
「うそ・・・(^^;;;」
まさに、神業?

訓練所の所長レベルになると、皆そうなんだろうか。凄いなぁ。

DSCF0363a.jpg
かーちゃんも腕を磨けよな。付き合ってるオレが大変だろー。
スポンサーサイト

| Asterの成長記録 | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://antisaster.blog13.fc2.com/tb.php/482-d20936ad

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT