PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

ホメオパシー

Antis、月1~2回のペースでホメオパシー治療に通っています。
先生いわく「だいぶ症状がハッキリ出てくるようになったから、治療しやすい」と仰っています。
つまりは、今のAntisは完全に左前脚に支障が出ている状態。
数日前から、肘を曲げる事が困難になりました。
曲げようとすると、グッと力を入れて曲げたがらない。
これが良いと言えるのかどうか、わからないけど・・・
先生は一応のところ「良くなる」と仰っているので、頑張って続けてみようとは思う。
しかし、実のところかなーり厳しい・・・
正直、前回の診察で最後にしてもらおうかと思っていたのだが。
鍼治療の時のAntisの気持ち良さそうな顔といったら・・・。
仕方ない・・・

ちなみにホメオパシーのせいなのか、甘やかしのせいなのか、最近非常に我を通すようになった。
(2ヶ月くらい前のレメディで、感情を表に出すレメディを処方された)
文句&要求は多いし、聞こえないフリの多い事!
超、悪ジジィです。
極めつけは、オヤツを持っている人と見れば、誰彼構わず「くれ」と要求するようになってしまった。
しかも、相当しつこい。(ーー;)
「アンティス可愛い~。あげてもいい?」と言われて以前なら拒食を入れていたので問題なかったのに、今や当たり前のようにパクつくAntis。
完全に餌付けされた犬で、先週餌付けした人を見るや否や、くっついて離れない。
私も、何だか許してしまっている今日この頃・・・・
しかしイカンな・・・やはり、この辺のケジメはきちんとつけないとなぁ。
全ては私の気の緩みなのだ・・・。

2007-01-05_12-20.jpg
鍼治療中のAntis。
いつも「大きいのにデリケートなのねー」と言われる。(^^;)
猫と同じ細さの鍼でないと、すぐに「ヒィー」と文句をたれる。
スポンサーサイト

| Antis | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://antisaster.blog13.fc2.com/tb.php/452-2c61e051

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT