PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

伝えたい思い

書くべきか悩みましたが・・・
そのページは公開記事ですし、誰もが調べればわかる事なので書きます。

ドイツのDM事情を調べているとき、ふと目に留まった投稿と犬舎号。
そのページはドイツ国内の極々一部の情報でしかないのに、発症している犬のラインが日本にも入っていました。
日本に輸入されてる犬がたまたまノーマルなら良いな・・・と祈るしかありません。
(いや、現状はキャリアであっても相手を選べば問題ないのですが、仮に変異遺伝子を持った犬が無秩序に繁殖していたのだとしたら・・・怖い事です。だから、とにかくノーマルであって欲しい。)

それにしても、今回の事で「外産だから大丈夫」「ワーキングラインだから大丈夫」なんて事はないのだと再認識しました(泣)

何度も書いているけど、DMは発症が遅い病気です。
要するに検査を受けずに変異遺伝子を持った犬同士を交配に使った場合、
繁殖したずーーーっと後(約8~10数年後)に問題が発覚する可能性があると言う事。
発覚してからでは、もう遅すぎるんです・・・・
また、発症前に他の原因で死んでしまう個体も居るでしょうし、発症しても「高齢による足腰の衰え」程度に認識されてしまったり。
発症すれば、大きいだけに、あまり外に連れ出さ(せ)なくなる人も居るので、発症した犬が目につく機会も少ないのでしょう。
つまり、発症犬は出ていても人目につかない事が多いんです。
シェパードではそんなにDMを聞いたことがない。と思い込んでしまうのには、
こういった理由もあるのではないかなと感じています。

DMはこの数年で研究が進み(今も研究中です)、今や両親犬の検査で防げる病気になりました。
だから、可能性のあるリスクは極力排除をした繁殖をする努力はして欲しいんです。

それでも出てくる他の疾患はあります。
HD(股関節)やED(肘関節)は、多因子遺伝性疾患ですし、簡単に白黒判定出来るものでもなく、
白×白でも黒が産まれる事もあるわけです。
その他の病気に関しても、生き物なんだから完全はない。 と認識しています。

しかしDMは現在判明しているSOD1遺伝子をチェックするだけで、明確に発症をコントロール出来るのです。
白×白、グレー×白、黒×白、この交配ならば、黒が出る事はないんですから、
むしろ他の疾患よりもずっと簡単に減らせるはずなのですが。。。
(近い将来、別のタンパク質変異も合わせて検査可能になれば、更に発症個体が明確に判別出来るようになると思うので、
幅は広がると思いますが、「今」出来る最善の中で、繁殖者として努力して欲しいと願います。)

DMは老化によって身体の自由が奪われることとは違うと認識しています。
老化は全体的に「衰え」ますから、比較的、「気力」も身体の状態と比例している事が多いような気がします。
DMは、気力があって上半身は元気なのに、下半身が言う事を聞かない。から始まり、
身体と心の状態に差があり過ぎな状態に陥りやすい。
それだけに、本犬のストレスは大きいのではないか・・と思えます。

実際、アスターも発症までは年齢以上に若々しく、遊ぶこと、動く事が大好きな、「少年のような犬」でした。
アンティスと比べても、何倍も活発なアスターが、DMを発症した事によって運動機能だけが奪われていった事。
今、それを思い出すだけでも辛く、感情がこみ上げてきます。

私が感じている一番の「無念」は、それですね・・・
もっと自由に楽しく動ける時間を、可能な限り彼に与えてあげたかった。

3年の介護を経て得た経験や知識、仲間との絆、そしてアスターとの貴重で濃厚な日々。
介護の日々は大変だったけど苦ではなく、むしろ幸せと感じられる瞬間が多かったほどです。
これは介護経験者にしかわからない事かもしれませんが・・・
私にとって、この3年間は大きな宝になりました。

それでも・・・
次迎える子に同じ思いはさせたくないです。

CIMG4275.jpg
「大人になりたくないピーターパン犬」だったアスター。


↓↓アスターとあんとす。の願いです↓↓クリックしてね
DMゼロを目指して
スポンサーサイト

| 変性性脊髄症(DM) | 13:41 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://antisaster.blog13.fc2.com/tb.php/1883-615435cc

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT