PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

ドイツのDM事情


本国ドイツではシェパードのDMに関してがどれくらい関心があり検査が浸透しているのか?
気になりドイツ語で検索してみました。

翻訳機能を使ってのものだから、ハッキリした事はわからないのだけど…

このFBページは恐らくドイツでDMのシェパードを看取った方が作ったページ。
https://www.facebook.com/DSH-Conny-Ein-Leben-endet-mit-Degenerativer-Myelopathie-1652701204984845/

他にドイツでのDM検査を推奨するようなFBページも存在する事から、ドイツでもまだ思った以上には検査が浸透はしていないのかなと。
当然良識のあるブリーダーは検査を受けていますし、日本と比べればずっと浸透していますが、
DMはシニア期が始まった頃から発病するものなので、ドイツでも若干似たような状況でもあるのかな、、、。

DMの異常遺伝子が見つかったのが2009年。(ミズーリ大学)
その後OFAを通して一般でも遺伝子検査が可能となったのは、大体2012年頃ですので、まだ検査可能になって4年。
浸透するには日が浅いと言えば日が浅いですね…
そんな事もあり、本国でも検査の義務化みたいな物はまだまだ先になるのだろうなと感じましたが、HD・EDと同様、義務化されてからでは遅いと思うので
先行して良識のある繁殖者が今から検査を実施しておく事は重要かなと思いました。

ドイツ語わかる人、こんな事書いてあるよ!って情報があったらご教授くださると嬉しいですm(_ _)m


あ、それと。。。
DMは「変性性脊髄症」です。
「変性脊髄症」でも「変形性脊症」でもありませんから、間違わないでね。

2015071818520001.jpg
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

| 変性性脊髄症(DM) | 11:46 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://antisaster.blog13.fc2.com/tb.php/1882-73ed3f90

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT