PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

はじめの一歩

昨日のクローズアップ現代でも強調されていたな。と感じたテーマである

「飼い主側、買う側が少しずつ小さなアクション、情報を求めたり、ブームに走らない。」

まずはそこから変わっていかないと。


※以下、シェパードに焦点を絞らせて記事を書かせてもらいますので、病気のなどの範囲は限定した内容になりますこと
予めご了承くださいm(_ _)m

シェパードの遺伝疾患・将来の健全性について、不安や疑問をお持ちの方がご覧になってくださっていたら、
是非、一緒に「はじめの一歩」に協力してくださいませんか?m(_ _)m
ご意見やアドバイスもお待ちしております。


とりあえず、私がいま思い描いている「はじめの一歩」を書き綴らせていただきます。


例えば、子犬を求める際に一言でも良いから(シェパードの場合)
「親犬はDMやその他の遺伝疾患の検査受けていますか?」と付け加えて問い合わせるだけでも良いと思う。
それで「していない。」とか「うちの犬に病気の犬は出ていません」などと軽く言われても(9割以上がそう言う返事でしょうからその覚悟で)、そんなのところから子犬を迎えるな。とまでは言いませんし、私に言う権利もないです。
ただ、一応、問い合わせの時に聞いてみて欲しいんです。
それだけでも、「最近、なんかやたらとそう言う人が増えてきた?」とか、訓練士間でもなんかそう言う話最近増えたよね?」と言う話題になったり、感じてもらうだけでも、、、、
まずはそれだけでも小さな一歩なのかも。
私一人が騒いでいてもどうにもならないけれど、小さな気持ちが沢山になれば・・・

また、子犬を迎える訳ではなくても、お知り合いや関係者に繁殖に携わっている訓練士さんやブリーダーさんがいらっしゃる場合、何かの折にでも話題にしてもらえませんか?
もちろん、この特殊な世界ではこの手の話題ってタブーと言うか、敬遠されがちな話題だとも認識しています。
当然、ダイレクトに「検査を!」などと言う事は言い出すなんて難しいと思います。

なので、それとなく遺伝性疾患について話題にしてもらったり・シェパにはDMと言う病気がある事・DMは意外とシェパ界に蔓延している可能性が高い事・そしてDMはほぼ100%の確率で繁殖の段階で防げると言う事。を知ってもらう。
なにせ、それすら知らない人が多いと思うので。。。
そして、簡単な口の中の粘膜採取だけでわかり、金額も安価である事。
そんな事をチラリチラリと話題にしてみて欲しいと思います。

それと、これもあまり知られていないかもしれないので、一応補足します。
キャリア遺伝子は本来なら繁殖に使うには好ましくないのですが、現状遺伝子プールがより狭くなってしまうという問題もあるので
キャリア個体を繁殖に使わない。という選択肢はまた違った病気のリスクを生みます。
なので、キャリア個体であったら、相手はノーマル個体を選んで繁殖に使えば、子犬はノーマルかキャリアなので発症はしません。
ただし、キャリアの子犬は生まれます。
このキャリアの子犬をまた繁殖に使う場合は、同じ注意点が必要になりますよね。
(当然ですが、アフェクテッド=陽性の犬は完全に繁殖NGです)

そう言う話をする人が少しずつ増えて行くだけでも、繁殖者が
「ん・・・?何か今までとは違う風潮になってきているのか?」
と感じてもらえるのではないかなと・・・。甘いかな。

将来的に検査を拒んだり、否定したりする事は命を生み出す繁殖者として恥である。と言う意識にまでなってくれれば、万々歳。。。

何年かかるかわかりませんが、動き出さなければ、何も変わらない。
シェパードを心から愛する皆さんに、何かしらの形で協力していただけたら嬉しいです。

私の足りないオツムで考え、書いていますから、皆様の「こうしたらいいんじゃない?」
と言うご意見もお待ちしています。

CIMG0789.jpg
ハンス、アスター、アーク
CIMG4059.jpg
そして、アドも。
彼らからの想い・メッセージと思って、頑張ります。
スポンサーサイト

| 変性性脊髄症(DM) | 20:06 | comments(11) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

訓練士ってDMの事をきいてみると、『ああ、DMね』って名前だけは知ってる人は多いけど、どんなに怖い病気か、遺伝子検査で100%防げる病気だという知識をほとんど持っていないことが多いですよね。まずは一人でも多くの人に正確な情報を伝えていかなくてはいけませんね!
この病気を知ってしまうと、まともな繁殖者なら検査をしなくは恐ろしくて繁殖できなくなるんじゃないかな。

| 猫二 | 2017/01/13 04:17 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/01/13 09:17 | | ≫ EDIT

ほんの少しづつでもみんなが知ってくれる事が大事ですね。
とにかく、買う人って可愛い!!だけで飼っちゃう人が多いですから。
近親交配が良くないというのも、最近では知れ渡ってきたように思いますから。
ニャンズだって恐ろしい病気を持っていると知っていては育てられません。
昔のように捨て猫を見かけたら、拾っちゃおう♪なんて思えなくなりました。
最後の最後まで見届けることの覚悟が大事ですもんね。

| クッキーママ | 2017/01/13 20:41 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし
猫二さん
先日はフクスケさんとありがとうございました。
改めてお礼のメールしなくちゃと思いつつ、なんだか毎日「草の根活動」(ちょっと気に入っちゃったこの呼び方)
に奔走中で失礼してしまっていますm(_ _)m

> 訓練士ってDMの事をきいてみると、『ああ、DMね』って名前だけは知ってる人は多いけど、どんなに怖い病気か、遺伝子検査で100%防げる病気だという知識をほとんど持っていないことが多いですよね。まずは一人でも多くの人に正確な情報を伝えていかなくてはいけませんね!

ですね!
まずは正しく理解してもらわないとですよね。
多分、積極的に聞きたい話ではないと思うので、どうしたら興味を持ってくれるか?
知ろうとしてくれるか?
からなのかも。

> この病気を知ってしまうと、まともな繁殖者なら検査をしなくは恐ろしくて繁殖できなくなるんじゃないかな。

まともな人は、そうですよね。
まともな繁殖者ばかりである事を祈りましょう!!
猫二さんにも、これから色々相談乗ってもらうと思いますが協力よろしくですm(_ _)m

| あんとす。 | 2017/01/14 03:05 | URL | ≫ EDIT

Re: はじめまして
非公開コメントさま
貴重なご意見アドバイスありがとうございました。
一般飼い主による検査、そして結果の公表も大事ですよね。
FB上で早くも反響があり、早速ご愛犬の検査をしてくださった方も出てきました。
シェパの世界は特殊で狭い世界でもあるので、血統と結果の公開に関してはそれぞれの方の立場もあるでしょうから
難しい場合もあるでしょうが、まずは検査を受ける方を一人でも増やして行く事からですね。
でも、ベストは検査・結果の公表と血統の公開。
その全てだと私も認識しております。

昔、ボーダーコリーのCLで声を上げた五右衛門くんの飼い主さんを思い出しています。
DMも、CLと同じく検査で100%防げる物ですから、やはり経験した者が声をあげて行くしかないのかなと思っています。

今の流れを変えていければ・・・
よろしければまたご意見いただけたらと思いますm(_ _)m

| あんとす。 | 2017/01/15 02:25 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/01/15 06:53 | | ≫ EDIT

Re: タイトルなし
クッキーママ
いつも応援ありがとうございます。
そのように感じていただけると、嬉しいです。

遺伝疾患は純血種同士の交配によって、どうしても確率が高くなってしまうと認識しています。
雑種の子達は確率と言う意味では低いのではないかと思います。

猫の場合は、先日もお話したように
折れ耳のスコティッシュフォールドに発生している「骨の形成異常」。
これが今問題になっているようです。
参考までに、説明サイトを貼り付けておきますね。
https://nekogazou.com/0728suko/

| あんとす。 | 2017/01/17 12:26 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし
非公開コメさま

他犬種の飼い主様なのに、共に真剣に考えてくださり、本当にありがとうございます。
今、この病気撲滅したいと思っている仲間達とともに、シェパードのDMについての啓蒙活動を開始すべく
始動しています。
シェパードの世界と言うのは、他の犬種とはまた違った特殊さ故の問題点があると感じています。
繁殖する人間の多くが訓練士であることも理由です。
プロとしてのプライド、自信、欲・・・・
他犬種でも同じ部分はあるとは思うのですが、それが古くからの悪しき概念が固執したもので根強い。
考えているのは、繁殖者達を責めても仕方ないので、これから検査を受けてみてもいいかな?と思ってもらうところから。。と
思っています。

海外のDM検査、セール情報ありがとうございます!
たしかに安くてビックリ。
それこそ、訓練所など一気に沢山の犬を検査したい場合は、耳より情報ですね・・・!!
その人達向けに、情報として載せても良いかもしれませんね。
(その人達はこんなブログ見てないでしょうけど(ーー;))

友人も早速検査を受けてくれた方が数人出てきましたが、一般飼い主ですし、
今後、国内の機関が衰退してはまた困りますから、国内の検査機関を応援すると言う意味でも、国内で
検査を受けてもらった方が良いかな?
1頭ならば、そこまで大きく費用は嵩みませんし。
HDも同時に検査出来るのも、メリットです。

訓練でヨーロッパかぶれするよりブリーディングで・・の部分、本当にごもっとも!!です!

| あんとす。 | 2017/01/17 14:27 | URL | ≫ EDIT

Re: Re: タイトルなし
教えていただいた海外のDM検査のセール情報、載せてもいいでしょうか?

| あんとす。 | 2017/01/17 14:39 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/01/17 19:04 | | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/01/31 22:16 | | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://antisaster.blog13.fc2.com/tb.php/1869-e301176b

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT