PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

DM進行状況

DMの進行状況を結構サボっていました・・・汗

昨年12月(DM発症約2年3ヶ月)くらいまでは、まだ私が引っ張らずとも自力で4輪車イス歩行可能でした。
2015年12月初め

2015年12月中旬


今年に入って、少しずつ前肢の力は衰え、私が車イスを引っ張らないと動けなくなります。
2016年1月20日

この動画は少し下り坂なので、何とか引っ張らずとも動けていますが、平坦な道だともう引っ張っていました。

2月に入ったらだいぶ前肢の爪を擦るようになってきたので、様子を見ながら前肢に靴を履かせるようになりました。
2016年2月6日
2016年2月17日

また、前肢の衰えに応じて、どんどん車イスのベルトを引き上げていましたが、これ以上ベルトでの高さを調整するには無理になり。(どっちにしてもキャスターもの車軸も曲がってきていた)
それで、室内の立位用に置いてたアンティスの車イスを使う事に・・・
ところが、使い始めて数日で本体のキャスターを支えている箇所が折れた・・・( ̄▽ ̄;)!!
アスターの進行の著しさに加え、2台の車イスが一気に使えなくなってしまい、この時はもう私の心身はかな~~り参っていました(泣)
とにかく車イスが使えないのは非常に困るので、急いでアドワークスさんにメール。
無理してでも行かなくてはと言う気分でしたから、2日後に予約を入れて2台の車イスを積んで山梨の白州まで修理に行ってきたのでありました。
結果、アンティスの車イスを直して使う方が効率が良いとの事で、摩耗しきったキャスターを新品にして、折れた部分の鉄パイプを倍の2本にしてもらい、本体の高さを7センチくらい上げてもらいました。
修繕費は結構かかってしまったけど、その後は散歩も快調で、気分良く散歩に行けるってだけで、私の疲労も吹っ飛ぶのであります(*´∀`*)
車イス修繕後 2月28日

その後も、少しずつベルトを上げて行ってほぼつま先立ちみたいな状態で手を前後しているだけに。
しかし4月末には道路では殆ど手が動かそうとしなくなり、ズルズルと引き摺ったままに。

なので、色々考えて、去年アークママに購入してもらった芯入りのプールスティック(自由自在に曲げれる)を使って、「お手手乗せバー」を今は使って公園に行っています。
お手手乗せバーに手を乗っけて、顎乗せバーにクッション置いて、偉そうな殿(笑)

お手手乗せバー

面白い事に、公園に行くとまだ頑張って手を動かすので、公園ではもう靴無しでリハビリしています。
一歩手を出す毎に、「ウォン!」と吠えないと手が動かないらしい(^^;

2016年5月6日

うるさいですが、もうある程度容認しています。(たまに怒るんですが、そんなのカンケーねー!とばかりに吠える(^^;)
DM発症から約2年8ヶ月の現在、こんな感じで頑張っています(^^)

同胎のアークはDM発症から約3年5ヶ月に入りました。
シェパードでは驚異的な頑張りだと思います。
アスターも頑張らないとね!!
P5055469.jpg





スポンサーサイト

| 変性性脊髄症(DM) | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://antisaster.blog13.fc2.com/tb.php/1822-8f80dac6

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT