PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

胃拡張・胃捻転の初期症状

いくつか、海外サイトで胃拡張・胃捻転の症状を撮った動画を見つけたので、まとめて貼ります。
「胃捻転ってどんな風になるの?」って思ってる方の参考になるかなと思うので。
その子その子によっても、行動が違いますし、状態によっても違うと思うので、色んな行動パターンを知っておくと
「いざ」と言う時の役にたつかなと。。。
因みに、最後のデーン以外は初期症状です。

まずは、珍しい事にチワワの胃捻転ぽい症状を撮影したものを見つけました。
犬種は違えど、アスター達もこんな動作をしていたと記憶しています。
(しきりに下半身の伸びをする。お腹を気にする。落ち着かない。)
この子は吐けていますが、知っている子でも吐けたけど捻転だった子が複数頭います。

次はSプードルですが、
bloat初期症状
これくらいだと気持ち悪いだけ?くらいに思ってしまいがちですが。。。
この不安そうで、いつまでも落ち着かない様子、口を時折ペロペロ、4分15秒くらいのところで自分の腹部を気にする様子も、
サインの一つです。
多分、この子は胃捻転までは行ってないかもしれないですが(英語読めないんで)、捻転も初期はこんな感じから始まって
次第に吐くのに吐けない(モノが出ない)症状に発展していきます。

あとはG.デーンのbloat
これは見るからにヤバいです(;´д`) 見てて怖い・・・


http://wanwans.com/new/bloat-gastricdilatation-volvulus
参考サイト
※上記サイトの、「大量に食べた後にすぐ遊んだり、水を沢山飲んだりする健康な犬に見られることが多いといわれます」とありますが、シニアになって胃を支える靭帯が緩んで来ても発症しやすいです。

スポンサーサイト

| 胃捻転関連 | 01:55 | comments(1) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/03/08 16:12 | | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://antisaster.blog13.fc2.com/tb.php/1817-95e2882b

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT