PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

犬への恐怖心

今朝、いつもの公園に行くと平日なのに中学生が20人以上、ワンサカと集団で遊んでいた。
どうやら、合唱祭(合唱コンとか言ってたかな?)の振り替え休日らしく、仲良しクラスが打ち上げがてら遊びに来ていたんだろう。

まぁ、それはそうと端っこでいつものようにアスターと遊んでいると・・・

大きな岩の陰から「あの~!あの~~!!」と言う声が。
振り向くと、この中学生集団の女の子の一人。
「あの、犬と仲良くなるにはどうしたらいいんですか?」と(爆)

「え?」と一瞬言葉に迷ったら
「わたし、犬に必ず吠えられるんです。追いかけられたりもするし、どうやったら犬に吠えられなくなるのか知りたいんです」と。

「とりあえず、犬の目を見ながら近寄らない。出来れば横から近づくとか、正面からは寄っていかない方がいいよ」とか「いきなり頭の上を触らない」とか「犬が近寄ってきて匂いを嗅ぐまで待つ」とか、とりあえず思いついた事を言ったんだけど、アスターで早速練習をしてみると、超不審者(苦笑)

最初は、大袈裟にワザとやってるのかと思ったけど、どうやら本当に恐怖心でいっぱいみたい。
とにかく身体は緊張と恐怖で全身ガチガチだし、いつでも逃げられるように腰が引けてて(物品監守のヘルパー的な動き)それじゃあ犬にしてみれば怪しい人にしか見えないよ って感じ・・・(いや、人が見ても怪しいけどw)

「この犬は100%噛んだりしないから、大丈夫!練習していいから」と
暫くの間、アスターで犬慣れ練習。

下顎を触るなんて、この子にとっては口が近い分、余計に怖いだろうから、
「この犬に関しては頭触ってもいいから」と言って見ていたけど、恐る恐る触る手がガタガタと震えているのを見て本当に怖い子なんだ・・・ってよくわかりました。

話をしているとどうやら「動物全般が苦手」との事。
しかし、「それならどうしてこんなに大きな、しかもコワモテ系のシェパードを触ろうと思ったの?凄い勇気だよね」と思わず聞いてみた。
正直、犬が嫌いじゃない人でも怖がられやすい犬種だから、不思議でしょうがない私。
そしたら
「ずっと見てたら、すげー言う事聞くからこの犬なら大丈夫だと思った」と。

私は気付かなかったけど、岩陰からずっと見ていたらしい(苦笑)
たいした観察力だ。

見た目だけでこんなデカい犬、怖いだの危険だのと言う大人が多い中で、犬が怖い子が自らこの犬なら安全そうだ。触れるかもしれない。と判断してくれた事はやっぱり私としては嬉しかった。

次第に恐怖心を克服出来てきて、触る時間も一瞬から何秒か触れるようになり。
(触る度に、毛の感触が初体験?なのか、いちいち歓声を上げる
そのうち「アスター!!」と離れたところから呼んだ。
小走りにアスターが寄ってきたら(呼んでおいてw)「ぎゃぁ~~~」と逃げたのには爆笑・・・
「呼ばれたからアスターは行ったんだから逃げちゃダメだよ~」と言うと、またTRY。
とりあえず呼ばれれば「はいはい~」と寄っていくアスターだけど、目を瞑って顔を背けて全身硬直状態のその子を見てアスターは「??なんだ・・?」とまた離れていく(苦笑)
正面からアスターが小走りに寄ってくるのは彼女にとったらすげ~~怖いんだろうな。

なのに、何度も何度も挑戦するこの女の子。
5~6回挑戦するうちに、正面から小走りに来るアスターと言う図に慣れてきた(笑)

そのうちそのお友達もやって来て「すごい、触ってる!!」
「○○(女の子の名前)って、絶対に犬に吠えられるんですよ~~」と、証言者も

元気な中学生に囲まれ、3人が一斉に呼んだら誰のところに来るかな?!と言うので、面白そうだし私は観察。
そしたら、困ったアスターは私のところに来ました(笑)

最終的に、この女の子はアスターの持ってる紐付きボールを投げたいとまで言い出したので
「涎ビチャビチャだよ」と言ったのに「大丈夫です!」と言うので渡して投げさせたら、楽しかったらしく・・・
そのうちアスターから直接紐を持って出させようとまでするので「そりゃ難易度が高いよ」と言ったんだけど、チャレンジャーなこの女子、怖い癖にやる気だけはある・・・・(苦笑)
「偉そうにダセと言わないと出さないからね。」とアドバイスして、横で見守っていたら、超ビビりながらも
出させて投げる事に成功。
(ボールをチューイングするのと、出した瞬間アスターが詰め寄ったもんだから「ひぃぃい!」とビビっていましたが
しかし、あんなに犬が怖い子なのに、克服しようと言う精神が偉いとちょっと感心したかな。

こう書くとちょっと変な子っぽいかもしれないけど、全然普通どころか、むしろボーイッシュな可愛らしい女の子だったので、犬を克服したかったらまた練習しにおいで。と言って帰ってきました。
この子の犬への恐怖心が少しでも和らぐといいね。

CIMG8816a.jpg
アスター、少しは貢献出来たかな?
スポンサーサイト

| Asterの成長記録 | 23:36 | comments(4) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

面白い女の子と知り合いになりましたね〜。
ビビりながらもめっちゃアスターのことほめてるし。

しかし、その女の子の動きは犬の本能をかき立てるんですか?おびえる仔ウサギちゃんみたいなのを想像してるんですが、全然違う?

| さちよん | 2012/10/30 15:40 | URL | ≫ EDIT

この女の子、大型犬ってだけで文句を言ってくる大人とは違って好感度高いね!
犬が怖いって人は、大きさよりもその犬の動き重視なのかもしれませんね!
以前テトと遊んでいたら、おばさんが近づいてきて、『あの〜わたし犬が怖いんですが』といいながら、『この犬は柴犬ですか?』って言ってるし(笑)
この子はお利口さんね。といってくれるので、テトもボールを投げろっていつものようにちょっと近づいていくと、『キャ〜!』っていってわたしの後ろに隠れたりする(笑)
でも『逃げちゃってごめんなさいね。』て言ってた(笑)
明らかに興味があったようで、なんだかんだとお話した後、ありがとう〜!っていって帰っていった。
その女の子にしてもこのおばさんにしても、きっとこの子なら大丈夫かも!って思ったんでしょうね!
犬が怖い人のが見る目があるよね(笑)

アスターくん、下痢ピー治ってよかったね!テトも最近下痢ピーでした。。。でも原因も分からず。テトが治ったとおもったら今度は私がいままでで一番酷い下痢ピーでした。でもテトじゃなくって自分が調子悪いほうが絶対気が楽でいいですね(笑)

| 猫二 | 2012/10/31 05:35 | URL | ≫ EDIT

さちよんさん。
あんな怖がり方してるのに、犬に近づきたいって
本当に不思議な女の子でしたw
この女の子の動きそのものもそうですが、恐らく全身から
「犬が怖い」オーラが全開過ぎるんだと思います。
ビクビクして犬を見たり近づいたりされれば、犬は自己防衛の為にも吠えて身を守ろうとするでしょうね。(それをさせない。必要ないと教えるのは飼い主の仕事だけど)

ちなみに、私はたまに威圧的なオーラが出ているのか吠えられる事あります(苦笑)

| あんとす。 | 2012/11/01 21:41 | URL | ≫ EDIT

猫二さん
そうですね~。
全然嫌な感じはしませんでした。
怖いのは仕方ないものね。
私だってカエルやゴキブリ超怖いしw

テトちゃんに近づいてきたおばさんも、犬は怖いけどテトちゃんなら大丈夫って見る目がありますね!
そういえば、過去にこんな事がありました↓
http://antisaster.blog13.fc2.com/blog-entry-1190.html

訓練された犬(って競技犬じゃなくてね)が安心安全であると言う事が、もっと理解してくれる人が増えてくれるといいですよね。

テトちゃんと猫二さんも下痢Pだったんですか?
胃腸も疲れているのかしら?
アスターは久々に鍼治療もしてもらって、また体調も復活してきてます♪
明日は海に遊びに行く予定!

| あんとす。 | 2012/11/01 21:58 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://antisaster.blog13.fc2.com/tb.php/1572-1591522f

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT