PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

ダックスぱぴー動画

ダックスパピーもあと1週間で生後4ヶ月を迎えます。
我が家に来て2週間が過ぎました。
まだまだ幼児っぽさが抜けないこの♂。
だけど、少しずつですが自我も出て来て、理解力・知力もついてきています。
わかってるけど、やらない。とか。わかってるけど、興味のある事が優先。ってのが出て来ているので、
それはダメ!と徐々に教えています。
でも、超素直!動きもポテポテして遅いwので、ラク~です。
(あ、走る時は結構速いですけど)

段々集中力やオモチャ欲もついてきたので、この数日で遊びながら色々覚えています♪
躾には無関係ですけど、頭を使う一つのツールではあるかな?

ダックスパピー動画

ちなみに、子犬を連れててよく言われるのは
「子犬なのに、どうしてこんなに言う事聞くの?」と言う質問。
いや、むしろ子犬だからですよって言うのが私の答え。

個体差によるけど私の感じる感覚では4~5ヶ月くらいから自我が芽生えて来て、ただただ「無邪気」な時期は
卒業。
無邪気な時期に「すりこみ」をしておくと、だいぶラクかなっと。
3ヶ月くらいは、まだ「呼べば喜んで来る」し、トンでもない事はしないし、動作も脳ミソの回転も比較的遅いから、どうにでもなる。
この時期にリードを外して、基礎固めが出来ておくと、とてもスムーズだと感じています。
(あ、でも初日や2日目くらいまでは様子を把握する為にロングリード使いますが)

思えば自分が子供の頃よく子犬を拾っては里親が見つかるまでの期間育てていましたが、この子犬達から自然に学んだ事かな。と思います。
子犬って本当にリードなんて必要ないんですよね。(なんて書くと弊害ありそうですが)
リードは使うべきときは使わないとならないけど、リードに頼りすぎるのは、むしろ怖いと思っています。
よく言いますが、リードが命綱だなんて恐ろしいことです・・・
命綱が切れたり抜けた時、どうすんの?って事です。
たまに、「リードが切れてもうどうしようかと思った」とか「首輪(胴輪)が抜けて走り回ってなかなか捕まらない」とか「ナスカンが外れた」とか、年に数回は見聞きします。
そんな時、別にリードが命綱でも何でもなければ慌てもしないし、普通でいられますし、どうって事ない。

普段からリードばかりに頼って、犬をコントロールをする事を考えてもいないと、こういう状況になった時ドキッとして慌てます。
慌てると人って声が高くなって、心臓がドキドキします。
当然だけど、犬には瞬時にその動揺を察しますよね・・・で、逃げられる事が殆ど。
逃げた犬は・・・まぁ、だいたい想像つきますよね。
捕まりそうな距離になると逃げる、とか「自由」に興奮しちゃってとにかく捕まらないw
そんな犬(飼い主)を見てると、最終的に「オヤツ」で釣って御用となるケースが多々です。
(オヤツより自由を選ぶ子は簡単には捕まりません)

まぁ、これが公園内での出来事ならまだ良いですが、車の往来が激しい道路でリードが外れた時、どうすんの?って思います。
「絶対に」呼べば手元に来る事を徹底していない子の命はないかもです。

そういう事故や肝を冷やすような確率を下げる為にも、呼び戻しの徹底(ノーリード(を想定しての)での掌握練習)は必須だと勝手に思ってます。

子犬のうちは簡単だしチャンス。釘は熱いうちに叩けってヤツですかね。


あれ・・?
パピー記事がいつの間にか堅苦しい内容になっちゃった(苦笑)

スポンサーサイト

| 里親募集 | 15:03 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://antisaster.blog13.fc2.com/tb.php/1564-3d69903a

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT