PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

西湖から海の家へ

ワフを出た後は、ひたすら猫二さんの車についていき、西湖のベストスポットに案内してもらいました!
途中、叩きつけるような雨が降ってきたりしてどうなるかと思いましたが、雨男&雨女疑惑の私達に負けないくらいの晴れ女なテトちゃんと猫二さんが居たから、ちゃんと着く頃には雨も上がり、途中パラパラ程度降ってもたいした問題ではないくらいでした♪

さてさて、アスターはもう気持ちが急いて急いて大変な状態。
なので、ここでも我慢(私がw)
泳げるようになったクッキーを先に出して遊ばせました。
こないだ泳いだ経験値はちゃんと活きているかな~?
川とはまた違うので、念のためいきなり深みにボールを投げることはせず、少し準備運動的に
深さの無いところで何度かボールを取らせて気持ちを盛り上げて、「凄いね~!」と得意げにさせて・・・
まぁ、そんな必要もないくらい、抵抗なく泳げるようになっていました

CIMG7358a.jpg
テトちゃんとクッキー
CIMG7371a.jpg
遠くに投げすぎてしまって途中ボールを見失っても、石を投げれば何とか見つけて回収するくらいまでに

ところでアスターは、興奮で鼻鳴きが酷い状態。
車内でラバーの靴を履かせて車外に出すも、先に遊んでいるテトちゃんとクッキーを見てまた興奮するので車に戻されるの繰り返し。
私も段々焦りとイライラしてきていたのもあって、あまり良い状態ではなかったと反省・・・
やっと外に出して、湖畔を歩かせるが、水辺へ水辺へ引き寄せられるかのような状態で、私を意識するというより
完全に頭の中&視線は「湖!!」。
とりあえず、湖への視線を外させ、私を押すような脚側を修正出来たところでやっと開放。
だけど、今思えばあそこは心を鬼にして中途半端に泳がせるべきではなかったかもしれないと今になって思ったり。

どうしても「せっかく来たんだし・・」と言う甘い心が出てしまう。
結局こういう事の積み重ねでもあるのだよな・・・

そして、道中朝霧を通って人間の昼食!
広い芝生の絶景ポイントでお弁当を食べました!
CIMG7439a.jpg
雲が厚くて富士山は見れなかったけど、晴天なら富士山が綺麗に見えるんだって!
猫二さん、本当に色んな良い場所知ってるな~~
アスターは、この後ご飯を少し食べさせたかったので、ここでは伏せて待つだけ。
高原とは言え少し日差しも暑かったので、食べたら早々に移動。

そして海の家へ到着!!
ここでもアスターは家に入れるまでに相当な時間を要しました(苦笑)
ただ、ここでは私の焦りがあまりなかったので、比較的良い感じでアスターが自ら頭をクールダウンした状態で
入れたかな。
蚊には相当刺されたけど。

夜はお好み焼き♪と焼きそば♪
あ~~~美味しい。幸せ
片付けられない話だとか、犬のノーリードにまつわるトラブルの話だとかで、話が盛り上がり、食べ始めたのが遅かったのもあって、気付くともう23時を超えていました。
早寝早起きな猫二さんにはもう深夜だ!笑
お先にシャワーを浴びさせてもらう事にし、席を立ち脱衣所に入り・・・・
なんとな~~く、アスターとクッキーが動いているかもしれない。と言う胸騒ぎがしたのと、バングルを部屋に置きに戻ると・・・・
予感的中!笑
鬼の居ぬ間に・・・とばかりに、アスターは自分の布団から立ち上がって猫二さんにデヘヘヘ~と甘えに行っててクッキーは人間の布団にちゃっかり乗ってるし!

「ちょっと!アンタたち、何やってんの!そこで待てって言ったでしょ!」
と指示された場所に戻されたのでありましたw

その後は一応動いていなかったようですが・・・はて?ww

CIMG7459a.jpg
海の家、初日の夜。
CIMG7456a.jpg
かわいー


そして翌朝は海へ散歩!
日差しが暑かったけど、やっぱり海はいい。

CIMG7527a.jpg
テトちゃん!
CIMG7568a.jpg
なんか絵になるんだよねー。
流石、女優テト子さん。

CIMG7498a.jpg
この人達はハッチャケ元気
CIMG7519a.jpg

朝の散歩が終われば、あとは人間は食べてゴロゴロ~~(爆)
昼食は猫二さんが美味しいパスタを作ってくれた!
これも美味しかった~~


そして夕方は公園へ!
CIMG7619a.jpg
夕陽が綺麗~~
CIMG7691a.jpg
綺麗な花壇で。
CIMG7699a.jpg

この後は、メインのBBQ!!(もちろん写真なしw)

肉好きな私は遠慮なくいただきましたよ~~
ご飯もおかわりしちゃった!

食べ終わった後は、何となく犬達も庭とデッキに出て来てリフレッシュ。
アスターはデカイのに人の間を縫ってデッキをウロウロ・・・
そのうちに、猫二さんのご主人フクスケさんがアスターをマッサージしてくれはじめた。
すると、だんだんうっとり・・・な表情になってくるアスター。
そして、そのうち顔がとろけちゃって完全に身を任せて「お願いします」状態に
フクスケさん、相当なテクニシャン!爆
片側が終わると、もう片側を要求する始末で・・・(苦笑)
私がやると、すぐに逃げるくせに。
フクスケさんの愛のマッサージは、ホンモノです。

テトちゃんも、フクスケさんによくマッサージしてもらうそうで、やっぱり猫二さんのマッサージは好きじゃないんだってw
クッキーもはじめは男性陣に対して警戒していた癖に、段々慣れてきて最後はうっとりしてたっけ。
何か優しい癒しのオーラが出てるんだろうなー。
アスターはまたフクスケさんのマッサージを受けたいそうです


最終日へ続く!
スポンサーサイト

| Asterの成長記録 | 20:54 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://antisaster.blog13.fc2.com/tb.php/1551-47bc22d4

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT