PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

犬種差別

「禁止犬種」に指定の飼い犬、市が取り上げ殺処分
各国愛犬家から批判


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120712-00000017-cnn-int

北アイルランド・ベルファスト(CNN) 北アイルランドの中心都市ベルファストの市議会は11日、各国の愛犬家から寄せられた助命嘆願を振り切る形で、禁止規定に違反して飼育されていた飼い犬を殺処分したと発表した。

処分されたのは、「危険な違法犬種ピットブルテリアの一種」と市議会が判断した7歳の「レノックス」。飼い主のキャロライン・バーンズさんによると、家族に可愛がられ、躾も行き届いていたという。しかし北アイルランドではピットブルテリアの飼育が禁止されており、市議会に見とがめられて2年前に野犬捕獲員に連れて行かれた。

これに対して各国の愛犬家から批判が巻き起こり、「レノックスを助けて」と訴えたバーンズさんの呼びかけに応えて有名人や政治家などを含む20万人がインターネットの助命嘆願に署名。動物愛護団体の活動は海を越えて広がり、米ニューヨークの英国領事館とアイルランド領事館前でも助命嘆願集会が開かれた。

裁判にも持ち込まれたが、北アイルランドの最高裁は6月、レノックスの殺処分を命じた下級審の判断を支持。これを受けて市議会が処分実行に踏み切った。市議会ではピットブルテリアについて「極めて予測不可能で危険な犬」だとする専門家の意見を添え、公衆の安全を優先する必要があったと強調している。

北アイルランドのロビンソン第1首相は短文投稿サイトのツイッターに「愛犬家としてこのような結末は非常に残念だ」「引越しさせる選択肢を検討すべきだった。代替措置があるのになぜ命令を実行したのか」と書き込んだ。

バーンズさんは「市のやり方には強い憤りを感じる。レノックスにお別れを言うことさえできなかった」と肩を落としている。





なんともショッキングで憤りを感じるニュースです。
危険な犬種だから殺処分?!
なんら問題のない子を、なぜ殺さなければならなかったのかな。

問題なのは犬種じゃないのに・・・・
違反とは言え、何も殺さなくったって良かったよね。

大体、『ピットブルテリアについて「極めて予測不可能で危険な犬」だとする専門家の意見』って、
何の専門家なの?!と聞きたい・・・
専門家でもなんでもないじゃん。



スポンサーサイト

| 犬全般 | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://antisaster.blog13.fc2.com/tb.php/1519-785a5dfd

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT