PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

鍼&自家血オゾン

昨日はホメオパシー病院。
まずは副院長の診察でレメディ処方&オゾン。
今回のオゾンは、いつもの注腸ではなく「自家血」。
それくらい、弱っているって事らしい・・・・

自家血オゾンは2度目。
一度目は胃捻転の術後の熱が続いて抗生剤も効かず、腹膜炎やら疑って検査もした時だったっけ。
この自家血療法やった途端に、熱が下がって治ってしまったんだった。

毎度そうだけど、血がなかなか抜けなくて四苦八苦。(多分、通常よりかなり細い針でやっているんだと思う)
結局、採りたいだけの血液量は採れず、少しだけどオゾンとアスターの血を混ぜて、またアスターの血管に戻す。

全ての処置の間ずっと台の上で横になって、とりあえずは大人しくはしていたけど、文句はうるさかったです。

レメディは1週間前と同じ腎サポートP200c(朝1回)とSymphytum200c(晩1回)。
プレビコックスは、日曜日の夕方までで止めてしまったけど、まだ必要に応じて使用してOKとの事。
今日は自家血オゾンやったので1週間は大丈夫だと思うけど、アスターの腰的に必要であるらしい。
(でも胃腸にはマイナスに働く)

そして、お次は院長先生の鍼治療。
贅沢(?)な診察室のハシゴです(苦笑)

1週間前より、固さやシコリは取れてきたけど、右の腰周辺と左の前胸周辺に熱感がある。
左の首に腫れ。手首が固い。
頭のテッペンがブヨブヨ?してる。
随分長い時間、鍼を念入りに施していただきました。

何となくだけど、やっぱり鍼やった後は良い感じがする。
帰って来てからもヘソ天してたし。
自宅ではアスターの手首の固さをほぐすようにと言われました。。
(首との関係あり)


2012030523300000.jpg
死んでるわけじゃないです。

2012030523280000.jpg
ヤバいほどアホ面。
スポンサーサイト

| Asterの体調メモ | 17:47 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://antisaster.blog13.fc2.com/tb.php/1459-4ad70640

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT