PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

奥の歯茎の腫瘍

先週、久々にアスターの歯石取りをしました。
アスターの歯はアンティスに比べて汚れやすいので、思い出した時に爪でまだ柔らかめの歯石を取ったりスケーラーで軽く削っておくなどのケアはしていました。

ところが・・・一番奥の後臼歯のケアを怠っていました・・・・!!

犬の歯の参考画像

普通に唇を引っ張っただけでは見えない歯なので、多分1年以上きちんとチェックしていなかった。

今回しっかりチェックしたら、左の上の後臼歯にかなり歯石が付いてるのを発見。
うわっ、と思って、タオルを巻いた木片を咥えさせて歯石を取ったものの・・・何だか歯茎を押し上げているようにも見える。
とにかく悪戦苦闘しながら取れる範囲を取ったものの、歯の色素が茶色くなったのか歯石なのかがわからなくなったのと、その一番奥の歯の奥の歯茎に何か出来ているように見えるので、それも気になって1週間前に病院へ。

基本的にかなり綺麗だと褒められたものの、やはり後臼歯の茶色いものはまだ歯石が残っていると判明。
(電気を消して特殊な光を当てると歯石部分がピンクになるライトがある(光誘導蛍光定量と言うらしい))
なので、もう少し頑張ってスケーラーで削る事に。

で、ついでにその奥の歯茎のデキモノの事を院長に伝え、見てもらったものの・・・
奥過ぎてよく見えない&小さくてあまりよく見えないってのがあって、院長あんまり確認出来なかったらしく。
「歯石で軽く炎症でもしてんじゃない?大丈夫だと思うよ」と言うので、まぁいっか。とその日は帰宅。

しかし、今日の昼にふと気になって確認したら・・・
げげっ!明らかに大きくなってるっ!!
たったの1週間でわかるくらい大きくなってるって、ヤバくない?!

慌てて午後イチの診察に行ってきました。
切除となると場所が場所だけに全身麻酔も覚悟しないとダメだろうな・・・と思っていました。

とりあえず、先生に腫瘍箇所を見てもらうのに診察台で横に寝かせてボールを咥えさせたまま、唇を思いっきり引っ張って確認してもらう。
今回は先生も「あ、これだな!」とハッキリ見えた模様。

んで、どうするかと思ったら。
ピンセットの背の部分みたいなのでえぐり取ろうと
それで取れなかったので、院長今度はピンセットで腫瘍を摘んで引っ張りそのまま引き千切ろうとwwww
(院長~ダニじゃないんだから・・・アスター、がんばれ・・・)と思いつつも「待てだぞ~~!!」と声がけしながら保定。

「取れないか。結構根がしっかりついてるな」
と言いながら、院長次なる用具を持ってきた。(多分今度は刃物系の医療用具)

しかしアスター、次にボールを咥えさせようとしても口を真一文字に閉じて開かない(苦笑)
そりゃ、嫌だよね
でも、頑張れ。
仕方ないので、少し手で口をこじあけてボールを持たせて強めに「持って!!」と命令して、
先生が見やすいように、顔に角度をつける。
アスターが身体全体で暴れたら無理な処置なので、先生が患部に器具を付ける直前に「待てだぞ!我慢だ」と強めに言葉がけ。
「んが~~ぁああ」とか言ってたけど、大きな抵抗はしないアスター。
何度かガリガリやってるうちに、取れた!!(切れた?)

結局、全身麻酔を覚悟で行ったのに、局所麻酔すらせずに終了(笑)

今回ばかりは珍しく?心からアスターを「偉かったね!」と褒めました

しかし不思議なことに、アスターって口の中をいじられる事には大きな抵抗がないらしい。
私が家で歯石取りしてる時なんかは、そのままスピーと寝ちゃうくらい。

なので、今回の処置もむしろ採血の方が抵抗があるくらいかも・・・(苦笑)


あ、取った腫瘍は病理検査に回す事に。
悪性だった場合は顎の骨を削らなければならない事もある。
良性でありますように。。。


スポンサーサイト

| Asterの体調メモ | 22:21 | comments(3) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

アスター君えらいですね、診察の際に落ち着いて我慢させられる飼い主様もえらいと思います。

家のは、診察で愛想を振りまきつつ、獣医の手の隙間をニョロニョロと鰻並みにすり抜けようとします。
マジシャンならば良い体質かと思われますが。

| Vesper | 2012/01/14 12:17 | URL | ≫ EDIT


アスター兄ちゃん、心配です。良性であること祈ってます。

| マギまま | 2012/01/16 09:59 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし
Vesperさん
アスターのビビりスイッチのポイントがいまいちよくわからないのですが(苦笑)
一応シェパだけあって神経は過敏な方なので、「怖い!」と思ったらアスターも「いーやーだーーー!!」と暴れます。
こないだはこちらの予想に反して全然我慢出来るレベルだったんでしょうねぇ。

鰻のようにすり抜けるって、なんか想像が出来ます(笑)
ウルフの光沢のある子って、鰻ぽいし、実際滑りますよねww
「せんせー、今日はこのくらいでご勘弁を~~~i-201」って言ってるのでしょうか(笑)



マギままさん
ご心配おかけしてます。
心配ではありますが、あまり心配すると私も参っちゃうしアスターにも影響しやすいので、
とにかく結果が出るまではあまり考えないようにします。
昨日は久々に仲間と海でリフレッシュしてきましたi-179

| あんとす。 | 2012/01/16 15:53 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://antisaster.blog13.fc2.com/tb.php/1436-b3ab14a8

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT