PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

よく揺れますね。

震災後1ヶ月が経過し、更に度重なる大きな余震(と言うより誘発された地震らしい)が何度も続いています。
被災地に残っている被災者の方々は、疲労と不安と、生活環境の悪さに加え、もう生きた心地もしないのではないでしょうか

国は1ヶ月前から情報を小出しにして、結果、原発事故はレベル7。
しかもこの後に及んで保安院は「チェルノブイリより放射線量は少なく1割程度」とか笑える弁明。
これまで
「安全です、健康への影響はない。チェルノブイリのような事故になる事は考えにくい」
→「スリーマイルよりは低いレベル4」→「スリーマイルのレベル5と並んだけど、たいした事ない」
→「チェルノブイリと並ぶレベル7。だけどチェルノブイリよりは汚染度は低い」
って、これまでの経緯w
ははっ、笑っちゃいます。
チェルノブイリは1週間~10日程度で収束したってのにね。
しかも事故を起こしたのは1基だけだったんですよ。
福島は未だ事態は収束してない上に4基もマズい事になってるのにねぇ。。。
「今は」チェルノブイリより汚染度が低いから・・・って、少しでも安心させるため?笑


国が恐れているのは、爆発や汚染よりも、国民の健康被害よりも何よりも「パニック」だって事がよくわかりますね。。

時折、近所の人や友人知人と原発の話題になるのでチラッと話し始めると。
どうにも温度差っちゅうか、やや変人と思われている気配を感じます。
「大袈裟に騒いでる人」みたく白い目で見られてるね~(苦笑)
あまり話さない方がいいかな。って思うので、なるべく話すのやめた方が良さそうな感じ。
(とか言いながらここに書いてるが)

まぁ、色々情報を調べたところで逃げられるわけでもない。
無駄に不安になるだけなら知らない方がいいって考えもあるし、考え方は個人個人違いますからね。
家族間でも相当な温度差がありますから仕方のないことです。

現実問題、私も家族を置いて避難する事は出来ないし、毎日普通に生活をしていますが、
「いざ」と言う時の自分の動きは想定・シュミレーションしておかないとならないと思っています。
何故なら、ある程度予測とシュミレーションしておかないと、いざって時にすばやく行動に移せなそうだから。。。
案外トロいっつうか慌てると焦るだけで思考回路が停止しちゃうんですよ、自分。(笑)

避難に関してもそうだけど、それより今稼動している原発はどうにかしたい。
先日高円寺で大きな反原発デモがあった。
行こうか悩んでいたのだけど、当日他に予定があって帰宅が思ったより遅くなったのもあって・・・
ユーストリームで生中継を見ました。
1万5千人もの大規模なものだったようです。
凄いね。


とりあえず(?)、このところの情報収集はもっぱら「小出裕章先生」の話がメインです。
小出先生の懸念が、日に日に現実になっています。


ちなみに今更ながらチェルノブイリの事故をウィキペディアで検索すると・・・ちょっとショッキングな画像が。。。
ウクライナ国立チェルノブイリ博物館に展示されている「犬の二殿体奇形の写真」。
日本にも、動植物の奇形、当然ながら人間への影響も今後出てくる事は覚悟しなければならないでしょうね・・・

チェルノブイリ@ウィキ



さて、以下は興味のある方のみどうぞ。
(数日前から小出先生の記事を書いていたんだけど、脳ミソ回転率が益々悪くて上手くまとまらず保存状態だったものです。相変わらずまとまってないけど、もう疲れたのでそのままアップしちゃう。
正直、日々の生活と情報収集だけで頭パンク状態。
小出先生の声聞きながらうたた寝は毎晩です。(苦笑)

京都大学原子炉実験所助教授の小出裕章氏のお話はとても冷静な語り方でわかりやすいです。
学生時代、どうしても原子力発電をやりたかったという小出氏。
東北大学の原子核工学科に入学。
ところが、何故原発推進派から反対派になったのかは以下参照。(ラジオのインタビューの一部)


「当時宮城県では女川町に原発を建設する動きが出て来た。
原発は素晴らしいと思っていたし、仙台は宮城で一番電力を使うため、仙台に建てればいいと思ったが、
東北電力は女川に立てようとしていた。
何でなのかと疑問を抱いた。
いいもので安全なら仙台に立てればいいはずなのになぜ70~80キロ離れた場所に立てるのか。
原発は都会には引きうけられない危険があり、過疎地に立てて、長い送電線で都会に送るという事に気付いた。
そのようなものなら認められない。
都会で必要な電力を、電気だけもらい、危険は過疎地というのは認められない。
それで原発を廃絶させようと思うようになった。
1970年秋の事。」
http://nixediary.exblog.jp/
から抜粋

小出裕章助教 非公式まとめ
小出先生の話がよくまとめられているブログです。


先日の東京新聞にも小出氏のインタビュー記事が掲載されているそうですが、現在ラジオを通じて
福島第一原発の現状を伝えている。
何人かの専門家や反原発者の中では一番感情的でなく、でも極めて冷静にそして科学的な見解も伝えているように思います。
何より、原発の研究者である立場での意見ですから納得も出来ます。


ついでに動画を。
事故が起こってからすぐの時期に出回っている動画なので、既に興味のある方はとっくにご覧になっていると思いますが。

大切な人に伝えてください


関係ないけど、小出先生って知的だしなかなかダンディでカッコいいwww

スポンサーサイト

| 原発関連 | 23:21 | comments(3) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

私も小出先生の講義?が一番耳に優しい感じがします。
感情的ではなく、冷静にデーターを分析して事実のみを伝えてるような。

犬の奇形・・・・見たくないですね。
アンジェロの口蓋裂を初めて見た時も、正直かなり動揺したんですよ。

ゆっくり、ゆっくりと時間をかけてチェルノブイリに向かってるのか?いやそれ以上なのか?

| ちょび | 2011/04/13 10:33 | URL | ≫ EDIT

小出先生、40年もこれを言ってきて、しかもみんな「でも原発が止まると電気使えなくなるんでしょ?」みたいな、反応で、よく頑張ってるなあと感心します。

小出先生の最近の発言でのヒット。

「原発はOKだけど、汚染された水や野菜は食べないというのはナシでしょう。原発OKなら、それも含めてOKってことですから」

| H∧L&NICOママ | 2011/04/14 18:01 | URL | ≫ EDIT

ちょびさん
この2日ほど余震も原発も少し落ち着いて(?)るのか、あまり新しい情報が入って来ませんが・・・
また、少し気が抜けている時に何かがドカンとありそうでもあり・・・
警戒し続ける事も正直疲れてしまって、今あまり緊張感がなくなってしまってます。
あまり色々考えないで普通通り生活していればラクでもある・・・
でもやっぱり適度な緊張感は保ちつつ、備えと心の準備はしておこうと思います。
福島原発についてはこれ以上の事態の悪化はしないで!!と願うばかりです・・
福島原発で作業してくださっている作業員(とそのご家族)の皆様に心からの敬意と感謝を・・・

H∧L&NICOママさん
小出先生のご尽力には感謝ですよね。
でもこのような「最悪な事故」が起こって初めて自分達の声が届いたのは無念でもある事と思います・・・
いや、こんな事態になってもまだ、わかっていない人も多いのか。。。
せめて、今稼動している原発の停止を・・・
地震も津波も待ってはくれないですからね・・・
特に浜岡原発・女川・六ヶ所村・・・
ふぅ。

次、他の原発に何か起こったら確実に日本終わりです。

| あんとす。 | 2011/04/15 21:18 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://antisaster.blog13.fc2.com/tb.php/1323-650cdc0c

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT