PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

5ヶ月・・

Antisが亡くなり今日で5ヶ月です。
もうそんなに経ってしまったんですね・・・
なんだか、Antisと過ごした日々が幻のような・・・そんな感じにも思えてきます。
本当に長い長い夢でも見てたのかな。

でも、Antisの毛や身体の感触、抱きしめた時の感じ、重み、厚み。
まだしっかりと覚えています。

Antis,天国で元気にやってますか?


07010026.jpg
2001年の夏。
3歳台のAntisと、訓練仲間アウディとアンナ。

Antis.jpg
2002年11月。


たまに過去の画像や映像を見返しています。
晩年のAntisの貫禄ばかり強く覚えていますが、若かりし頃のAntisも違う魅力があります。
真面目だけれど、お茶目で可愛いところもありました。

P1250489.jpg
随分長持ちしていた胡蝶蘭たちも萎れてしまい、少し寂しくなっていました。
昨日、Asterと一緒に駅に行ってチューリップを買って来て供えました。

スポンサーサイト

| Antisの思い出 | 21:40 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

Antis君が旅立って5カ月ですか・・・
早いものですね。
自分はアリンダが旅立って6ヶ月後にブレンダを迎えました。
やはり、あっという間の半年でした。

ブレンダが傍に居ながらも、自分も時折先代のアリンダの思い出に浸っています。
動画を見たり・・・写真を眺めたり・・・
やはり「運命のパートナー」である一頭は、思い出深いですよね。

| アリちゃんの兄貴 | 2011/02/22 07:33 | URL | ≫ EDIT

アリちゃんの兄貴さん
最近アリンダさんの動画などを拝見していて、穏やかで凛とした雰囲気が魅力的な子だなぁ。と感じました。
一度お目にかかってみたかったです。
兄貴さんは半年間、犬の居ない生活をされたんですね。
私にはまだアスターが居た事が大きな支えにはなっています。
アンティスの代わりにはならないし、全然違うのだけど居ると居ないとでは大きな違いだろうなと思います。
きっと半分以上は悲しみや喪失感を軽くしてくれたんじゃないかな・・・と。

正直「運命のパートナー」になり得る子は、アンティスで最初で最後かもしれないな、との思いや覚悟はあります。
以前は、訓育でどんな子も同じようになると思っていましたが、ちょっと間違いだったかな。色々出来るようにはなっても、最低限望むレベルまでにはなっても・・・
本当の意味での「心の繋がり」を感じられるパートナーになれるのは普通に犬を迎えて一生を過ごすにはなかなか確率的にも難しいのかもしれません。
取っかえひっかえ出来るものじゃないですからね。。。

| あんとす。 | 2011/02/24 02:29 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://antisaster.blog13.fc2.com/tb.php/1308-beae76a3

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT