PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

9月14日~17日

 9月14日

昨夜の処置(止血剤&ステロイド&抗生物質)が効いてきたのか、幾分状態が落ち着いたように感じます。
ですが、食欲は微妙。
今日食べた物は・・・
ワンフー半カップ分、i/dドライ半カップ、エンシュア1缶弱、鶏レバー+お粥+卵黄のペーストを少々、グルセルナ半缶、ヨーグルト1口。

トイレはオシッコは圧迫排尿。
ウンチは出ず。
下血もとりあえず止まっています。(敢えて刺激しないように肛門内はチェックしていません)

投薬&処置
ウルソ1錠
プレドニゾロン3cc、アンピシリンゾル15% 3.5cc
乳酸リンゲル+グロンサン、フラビタン、ビタミンC


Kさんよりマイトマックスと言う乳酸菌サプリを分けて頂けたので、夜から試す(2カプセル)


9月15日

朝起きたら寒いほど。
半袖で腕が冷たくなってしまうほどだったので、上着を着て仕事に。
冷え性に加え、疲労と寝不足、首が元々弱いもんだから、時間が経つにつれ首から肩にかけて
重い荷物が圧し掛かっているような、重さ。
そのうち、首の稼動範囲が狭くなってくる始末。
実にまずい。
今、3年くらい前の頚椎捻挫にでもなったらシャレにならない。
しかし、それを知ったNさんが夜、アロママッサージをしに来てくださると言う。
図々しいとわかりつつ、お言葉に甘え有り難くお願いしたら。。。
全然違う!!
コリがほぐれて血行が良くなって軽くなり、気分がスッキリしました!!
感謝・・・・

さて、わたしの事はさておき、アンティスの記録。
食餌は1日でエンシュア(ストロベリー味とバニラ味)2缶、グルセラ半缶、ヨーグルト少量。
Kさんの考えアドバイスに納得したので、暫く腸を休ませる為に(血便が止まるまで)、エンシュアのみで栄養を維持することに。
日中はある程度飲んだら「もう要らない」と顔を背けたりして、1時間後にまた少し飲んだり、飲まなかったりを
繰り返して1缶半は夜までに飲んでいました。
夜、寝る前に再度新しい缶を開けて飲ませてみたら、ごくごくとよく飲む。
少しずつ追加していくと、やめる事無くどんどん飲んで、結局1缶飲み干してしまいました。
よし、その調子だ!!!

夕方、友人を見送った後戻ると若干の血飛沫が。。。
その後、少量ながらまた鮮血らしき血が時折出てくる。
先生に報告メールをすると夜来てくださり、肛門から指を入れてチェックしてくれる。
が、そんなに出血はしていないとの事。
固まったウンチも1欠片出た。
血液は周囲についているけど、この程度なら大丈夫。
止血剤はまだ必要なしという事で、ホッとする。

オシッコは1日4回、圧迫排尿。

あと、とても問題なのは口内炎と言うより犬歯が上唇に刺さってどんどん穴が広がってしまっていること・・・
枕をやっても、頭をずらしてしまうし、頭に枕を固定してみたり、ネックカラーをしてみたり色々やるものの、どうも意味を成さない。
患部にはオースリー油を塗ったり、ケナログ軟膏を塗ったり。


投薬&処置
ウルソ1錠
プレドニゾロン3cc、アンピシリンゾル15% 3.5cc
乳酸リンゲル250cc+グロンサン、フラビタン、ビタミンC

マイトマックス2カプセル



9月16日
午前中エンシュア1本飲み干す!
いいぞいいぞ!!
「もう要らない」と言わないから、かなり調子が良さそう。
結局、1日トータルエンシュア2缶、グルセルナ1缶を摂った。
あとはヨーグルトを1口程度。
人間でも、寝たきりの人が1日にエンシュア2缶で7年も8年も、お肌つるつるの健康体(?)で生き延びる事が出来るものだそうなので、今のアンティスには最適だと思います。

夕方近く、車椅子を部屋に持って来て立たせてみた。
すると、便意が。
・・・と言うより一つポロッ!
ベチャ!じゃなくてポロッ!です!!(なんのこっちゃ)
あの凄まじい下痢以来、太くて丸い、初めての普通の便です。(前回固まったと言うのは緩かったけど形があった程度)
一つは堅すぎて出るのに苦労しましたが、全部でコロコロのが4つ。
エンシュアのみにする前に食べた物が出てきたというところでしょう。
血便ではありましたが、量も多くなかったですし、この後は多分暫く便は出ることもないでしょうから、
しっかり腸を休ませられるのではないかと期待しています。

投薬&処置
ウルソ飲ませ忘れる。

プレドニゾロン2.5cc、アンピシリンゾル15% 3.5cc
乳酸リンゲル100cc+グロンサン、フラビタン、ビタミンC

マイトマックス2カプセル

目薬(ドライアイ用)


9月17日

今日もまずまずの調子。
朝からエンシュア1缶飲む。
音の鳴るボールを咥えて結構長い時間遊べる。
咥えたまんま、寝てしまう事も・・・笑
なんだか、可愛い。

こうして穏やかな気持ちで介護出来る事が幸せな事だと噛み締めています。
下痢したり、本人が辛そうじゃなければ、こんな生活がもっともっと続けばと思うのは飼い主のエゴかな・・。


さて、今お悩み中の口内炎のケアは、昨日なおさんがHansを実験台(笑)に、試行錯誤してくれた提案をメールしてくれた。
それがかなり良い
ハンカチの両端を歯茎と唇の間に挟めて牙が当たらない&唇を噛まないようにする。
ハンカチだけだとどうしてもすぐに取れてしまったので、その上から手ぬぐいで口を結んでみたり、大き目の口輪をしてみたり、ずれないように考えてみた。
けど、口を開けて温度調節をしているから、何か良い方法はないかと思って色々いじって、今朝思いついたのはコレ。
上顎だけにストッキングを被せて、ハンカチが外れないように。
かなり気の毒な感じだけど、見た目程の違和感はなさそうで、諦めてそのままで居てくれる。
(手が使えないから取りたくても取れないと言うのが本当かも)
可哀想だけどしょうがない。
既に口が裂けて来てしまっているので、その時によってオゾン化油塗ったり、ケナログ軟膏塗ったり適当に
ケアしてます。

DSCF7392.jpg
右側の傷。

DSCF7393_20100917234812.jpg
左側の傷。
当初は右だけに潰瘍みたいなものが出来ていただけだったが、日に日に穴が開き、今では左の方が悪くてこんな状態。

DSCF7408_20100917234904.jpg
ハンカチの両端をこんな感じで保護する。

P1210736_convert_20100917214416.jpg
ストッキングの内側はハンカチを歯茎と唇の傷の部分に当てています。

自分があまり閃きのない人間な上に、今はやらなきゃイケナイ事だけにキャパ一杯で何かを考えたり調べたりする能力が更に低下している状態なので、こうして周りの方がアイディア、情報、知識をくれる事で、本当に今の良い状態のアンティスで居られるのだと実感しています。
私だけだったら、アンティスはもうボロボロでしょうし、もしかしたらもう生きていなかったかもしれません。

沢山の人達の力で、今アンティスは生かされています。
感謝の気持ちでいっぱいです。


食餌:
エンシュア3缶、ヨーグルト一口

投薬&処置
ウルソ1錠

プレドニゾロン2.5cc、アンピシリンゾル15% 3.5cc
タウリンゲル100cc+グロンサン、フラビタン、ビタミンC、メタボリンG

マイトマックス2カプセル

目薬

スポンサーサイト

| Antis介護 | 21:55 | comments(1) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/09/18 09:01 | | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://antisaster.blog13.fc2.com/tb.php/1223-d8f47bf8

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT