PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

アマチュア訓練ジーガー2009

いや~長~~い1日でした(笑
波乱もありましたが、私は結構楽しめました♪
あ、最初に結果を書いておきますね。

成績は19頭中「12席」
下から数えた方が早い・・・(苦笑
けど、全体を通して見た感じではまぁ私的には満足・・・と言うか、あとで書きますが
「出来るはず」の科目が全然ダメで「不安要素いっぱい」の科目が結構上手く行っちゃったという結末で

点数は
○追求(50点中)47.9点
○服従(100点中)95.6点
○防衛(100点中)92.5点
合計236.0点でした。(V評価)

以下、長ーーい自己分析と反省文。と頂いた画像。

まず、1科目めの追求。
7時半開始の18番目だったので、出番は9時ちょうどでした。
内容は、私的には感動するくらい良かったです。(点数はたいした事ないけど)
これこそ、「作業」だ。と言った感じ。(不真面目に嗅いでると段々スッタカタ~~!と足が速くなるのです)
細かい部分はどうでもいい。
アスターが本当に真面目に追求していたのが母ちゃん嬉しい・・・(涙
ビデオを見返しても、足が速くなる事もなく、丁寧に嗅いでた。
2屈折目でちょいと行き過ぎてしまったんですが、自分でちゃんと探し出してラインに戻りました。
練習の時以上に良く出来ちゃった追求でした。
(審査員に注意された点は、途中止まった箇所があったりしたので速度が一定になるように。との事)
終わった瞬間、一人で浮かれちゃいましたよw

その運をここで使い果たしたのか。

服従で有り得ない状況になったんです・・・
事前の練習調整では、まぁ悪くはない。(相変わらず五月蝿いけど)
申告→スタートラインに付くまでも、可もなく不可もなくいつも通り。
審査員が「どうぞ」と言って、さぁスタートしよう。と思った瞬間に、ヤツの目線が私から外れ、意識が突然前方に。
「おかしい!」と思っても、スタートするしかなく・・・
一応は、左にいるものの、何かを探すような素振りで顔が私を見上げていない。
まるでIPO形式で前進する前の脚側行進みたいな雰囲気。
本人も、なんだか混乱しているのがよく分かった。
とりあえず、変なモードのまんま反転ターンして速歩に入ったら、少しまともに戻ったものの、
何だか妙な感じ。
その後の行進中の作業全般も、一つ一つはこなしているけど・・・と言った感じでピリッとしない。
最後の停座からの招呼では、正面にドッカーン!!とぶつかってきやがった(怒)
当然、か弱い私はよろめきましたよ・・・・orz
そして、持来。
ダンベルを取りにギャラリーの方に向かいながらついつい愚痴ってしまいました(笑
私の怒った顔が、皆さん印象的だったかもしれませんね~(自爆
(実際、知人を通して「あの人すごい怖いのよ」って言われたそうで・・・・。否定しませんがw)

持来は、まずまず。少しチューイングしちゃったっぽいけど、投擲の際にお尻を浮かさなかったのは○。
1Mの往復障害飛越。
これ、1Mの高さを飛ばすのに抵抗があったのでぶっつけ本番でした。
3日前に、ブランコの柵や低めのもので往復の意識だけは付けておきましたが・・・
日頃から障害飛越は競技直前にしか練習しないもんで、考えてみたら去年のアマジー以来やってないから1年ぶり。
本番は、過去の私自身の反省点を踏まえてかなり後ろから出しました。
どうしても、復路の勢いで私の正面に綺麗に入ってこれない経験が毎年あったので。
後ろからだと障害への意識があるか、不安だったのですが、意識がなさそうなら指符を使えばいっか・・と
思いながら、任意の位置に立った。
アスター、障害への意識は・・?あるかな・・・??
多分・・ありそう。
なので、敢えて指符は使わずに「飛べッ!!」だけで出しました。
練習不足なのに、ばっちぐーw
こういうもんなのかねぇ・・・(悲しいかも)

そして遠隔。
これ、決まればカッコいいけど失敗すると悲しい科目です。
40M先に前進。これはOKでした。
そしてそこから左に真っ直ぐ向かわせる。これもOK。
その後、右に約60M。
これが私寄りに走って来る感じになったので、声符で押しまくりどうにか右の地点へ。
ここから真ん中に戻すんですが、ここで失敗するとは思わなかった。
なんと、私のところにフラフラと戻ってきやがった(怒)
多分、競技的にはここで終わりにしちゃっても良かったんですが、私の気持ちが許さず。
怒りを抑えながらも再度真ん中に向かわせ、最後呼び戻ししました。
去年まではどうにか形になっていた遠隔が、失敗したのはちとショックだったかも。

その後の休止は問題なくクリア。
と言いたいところですが。
帰ってきてビデオを見返したら、なんとこのバカ私が離れる際に匍匐前進してやがった。
点数は満点だったが、これは絶対に許せない行為。
このボケがっ。根性叩きなおす!!

そして午後からは防衛。
アマチュアさんが出しているだけあって、毎年、この科目は波乱があるものなんですが・・・
最後から2番目だった私は出番まで若いゼッケンの人の競技を見て規定を頭に焼き付けようと見ていたのですが・・・
皆さん、大きな失敗がないっ
これって、アスターと私ってもしかしてスゴイ大恥かくんじゃないか??と焦りましたよ。
結局、誰一人として大きな失敗もなく、中止になった犬も居ないまま、自分の出番。
あー、もうどうにでもなれっって気持ちです。

とりあえず、パトロールは意外と真面目にやるので、最終テントに居るヘルパーを事前に確認させて
出発点の方へ移動。

アマジーのテントは6つではなくて4つ。
しかも、とっても間隔が狭い。
楽勝♪と思いきや、1番から2番へ行くのに4番へ膨らんだか・・?と思ったらふわ~っと1番へ戻ろうとした。(?)
今思えばよくわからん行動です。
1から4へ行くなら理解出来るが・・・
とりあえず、修正をかけて2番→3番と行かせて、最終テント4番。
さて、吠えるか・・?と思ったらちゃんと吠えました♪
禁足中、一度だけ私をチラッと見たもののすぐに戻ってヘルパーに禁足。
良い良い。
さて、こっからが問題。
最悪だと呼んでも来ないか、袖に歯を当ててから戻るか、来ても私を1周してヘルパーにまた禁足しちゃうか、
脚側に付かずに私の前に座ってジリジリ動くか・・・・の問題が出るところ(笑)
しかし、呼んで戻って来た!んで、吠えまくっているものの、私をスルーせずにとりあえず止まった!!(嬉)
私の横で禁足中?のアスターに何度か静かに「座れ」をかけるが、聞いちゃいない(爆)
ま、これは想定内。
しょうがないのでそのまま「ヘルパー出て」
いつもなら、ヘルパーが出れば下手すりゃくっついて行っちゃうところが、モジモジしながらも行かなかった。偉いっ。
移動もどうにかビョーン!!と出る事もなく、停止位置まで移動出来た(レベル低っ)
身体検査も、伏せながらジリジリ前に出たものの、アスターなら許容範囲。
身体検査が終わって追捕で咬めると判断した途端、真面目な犬に変身。
伏せたままヘルパーにグッと集中し、狙いを定める。(対ヘルパーになると途端に真面目になるんですな・・
追捕はちと上気味のようだったけど、なかなか良く捕らえてたように見えました。
ヤメもOK。監視は禁足になっちゃったけど、すぐに二度目の咬捕。
次のヤメと監視(座って黙る監視)は、バッチリ!!
本番でこの監視が出来たのは初めてです
私が行っても気にせずしっかり監視できてたし、良いぞ。
しかし、やっぱりヘルパーが動いたらワンワン!!と吠えながらくっついて行こうとする。
ここで焦らず、「あとへ」で背面護送。
意外な事にそれ以上深追いする事もせず、とりあえず私の横に戻って来て護送。
とりあえずの形にはなってたかと思う。(もっともっと制御不能になると思ったんです・汗)
背面護送からの奇襲に対する防御。
アスター、実は本番ではもちろん、練習でも一度も経験したことないんですよ(爆
我ながら・・・すごいチャレンジャーだわ。
でも、予想通りと言いますか、ヤツは咬みました。
流石に初めての経験だっただけに、ヘルパーが振り向いてムチを振り上げて来るなんて予想してなかったであろうアスター。
一瞬「えっ?」って感じで勢いには欠けたけど、勝手な行動大好きなヤツは迷わず行きましたー(爆
その後のヤメと監視も良くて私はひたすらビックリw
ここまで来ればどうにかなるぞ・・完走。
ヘルパーを下げた時も案の定吠えながら付いていきそうになったけど、ここも再度命令する事でとりあえず従った。
そして身体検査&側面護送。
側面護送になると、B犯は何処だ?!モードになりがちでしたが、本番では大丈夫でした。

これで、無事に全ての作業が終了!「大恥」って程でもなかったので、ホッとしました。
レベル低いけど、自分の中では「合格点」です。

こうしてアスターと総合に出れた事、そして最後まで競技をこなせた事。
私もアスターも初めての総合科目(選別はないけど)を経験したと言う達成感があったし、何より楽しめました。
前の記事にも書いたけど、二度の胃捻転で生還したアスターとまたこうしてチャレンジ出来る喜びはやっぱり大きいです。
まだ4歳8ヶ月と言う若さ。若いうちしか出来ない事でもあります。
仮に今後健康に過ごせたとしても、現役で活躍出来るのなんてあと2年がいいところでしょう。
ましてや、常に爆弾を抱えているようなアスターですから、いつ何が起こるかわかりません。
無理をさせない範囲で、訓練は続けて行きたいですね。

悩みどころは防衛ですが、来年から「なんちゃって防衛」をチョコチョコやりつつ、「たま~に」本当のヘルパーさんでホンモノの防衛を織り交ぜつつ、やってみたらどうなるかな?なんて勝手に思っております
なんちゃって防衛なら、訓練仲間に頼めるし、何処でもやれちゃいそうなのが良い。(ちょっと五月蝿いけど)
アスターに欠如しているのが、興奮性のコントロールと「衝動」のコントロール。
あとは防衛のルールを理解させられれば、幾分マシになるんでないかと予想してはいるのですが、そう甘くないかもね。(実際防衛はホントにそんなに甘いもんじゃないんですが)
でも、まぁこれでアスターがダメになったらなったでいいんだし、好き勝手やってみて防衛メチャクチャになったら
それも自分への勉強になります。
早い話が私の実験台ですな。
そんなやり方ダメに決まってんだろ・・・って言われても、やってみてダメになれば
「やっぱりダメでしたw」でやめればいいし、悪い結果であっても何かしら得るものがあれば良いと思ってます。

そんなお気楽さで、楽しんじゃおうと思ってます

DSC_0020_convert_20091214015646.jpg

DSC_0026_convert_20091214015750.jpg
DSC_0029_convert_20091214015921.jpg
DSC_0034_convert_20091214020115.jpg
DSC_0086_convert_20091214020245.jpg
DSC_0087_convert_20091214020458.jpg
DSC_0090_convert_20091214020555.jpg
DSC_0092_convert_20091214020643.jpg
DSC_0093_convert_20091214020819.jpg

お疲れ、あっちゃん。

(画像提供:Iさん Thanks!!)
スポンサーサイト

| Asterの成長記録 | 21:09 | comments(6) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

やったね!

アスターちゃん、よく頑張りました!

動画みたいなーーーー

| HAL&NICOママ | 2009/12/14 22:02 | URL | ≫ EDIT

HAL&NICOママさん☆
はーい
いつも怒られてばっかのアスター頑張りました(笑
自信のあった科目が悪くて自信のなかった科目が良かったってのは不本意でしたが、まぁプラマイゼロって事で・・・(苦笑
ビデオは撮ってもらったんですが、テープ式の方だったもんでアップ出来ないんですよi-195

| あんとす。 | 2009/12/15 12:59 | URL | ≫ EDIT

反省文(?)読みながら、「あんな感じかな、こんな感じかな?」と想像してました。
お疲れ様でした。

出来るときにやる…というは、わかりますねぇ。うちもそんな感じです(笑)

画像をみて「あ、やっぱりほんとにショートカットになったんだ」と別のことに注目してみてしまった、わたし(笑)
ちゃんとアスターも見てますよん♪

| ゆう | 2009/12/16 20:30 | URL | ≫ EDIT

ゆうさん☆
長くて読みにくい反省文をしっかり読んでくださったようで・・・i-201
ありがとうございますi-189
犬の良い時期はあっという間。
しみじみ感じてしまいますよね。
そしてやっぱり健康な身体が第一。
健康でなければ訓練もできませんものね。
お互い、頑張りましょう~

| あんとす。 | 2009/12/18 16:04 | URL | ≫ EDIT

すごいすごい♪

今回Welfの事で大変だったのね。。
訓練も余り出来なかったと・・
あっちゃん頑張ったね♪

| kei@ | 2009/12/21 19:55 | URL | ≫ EDIT

keiさん☆
レス遅れてごめんなさい!!
welfの事、生前は可愛がって下さりありがとうございました。
居なくなってみて、アイツは我が家の重要な役目を果たしていたんだな・・と実感しています。
WELFの代わりになるような子はなかなか居ないかもしれません。

あ、訓練はボチボチ頑張りまーす

| あんとす。 | 2009/12/26 11:52 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://antisaster.blog13.fc2.com/tb.php/1114-2287352c

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT