PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

浮き沈み

Welfの介護中に書きかけだった記事があり、下書き保存のままだったので記録として自分の為にも
残した方が良いと思ったので、アップしておきます。(12月9日)


Welfが体調を崩してから2週間です。
ステロイドや強肝剤などで、一時的に元気になったものの、29日からまた下降。
ステロイドの量を少しずつ減らしている段階だったので、1日からまたステロイドを増やしました。

状態が悪くなると、呼吸が浅く、早くなります。
時折、喘ぐように顔を上に向けて呼吸をするので、見ている方も辛いですが、一番辛いのはWelf。

しかしステロイドを増やしたからなのか、あの苦しそうな呼吸がウソみたいに今日はとても穏やかに寝ています。

近所の獣医さんのお陰で、どれだけ救われているか。
ご自身が、動物病院への勤務はもちろん、家庭の事をしつつ、県外のご実家へも行かれている多忙な毎日の中、
Welfの為に毎日メールや電話をくださって、様子を見に来てアドバイスをくださっています。
今日も、出勤前に33時間もオシッコが出ていないWelfのオシッコを出しに来てくれました。
(コツを教わったので、明日から私がやれるようにしなければ)
でもWelf、動くのが辛ければ中でトイレしていいんだからね。
辛い上にオシッコ我慢しないでいいんだよ。

食事は一切食べなくなって5日目。
お水はよく飲みます。
すっかり顔が痩せこけてしまいましたが、腹水が溜まっているのかなり重たいです。

昨日からまったく立てなくなりました。
身体の自由が効かない感じ。
身体の機能的には日々下降しているのですが、苦しさで言えば3日前がピークでした。
今は呼吸も表情も本当に穏やかなので、この状態で最期を迎えさせられるのが一番良いのですが・・・


今日はステロイド(プレドニゾロン)2.5cc、抗生物質(ビクシリン)3cc
リンゲル50mlに強肝剤(グロンサン)を入れました。
皮下点滴と注射を初めてする時は手が震えていた私も今はかなり手馴れて来ました。
大人しいWelfだから、保定要らずです(笑
スポンサーサイト

| 我が家の犬達 | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://antisaster.blog13.fc2.com/tb.php/1109-11911919

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT