PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

霧ヶ峰近くの病院

去年の霧ヶ峰で、現地の動物病院をいくつかチェックしておいた中に、偶然ホメオパシーやオゾン療法と共に、一般診療(いわゆる普通の診察)もこなしていると言う我が家にとっては最良であると思われる病院が霧ヶ峰から数十キロの場所にありました。
もちろん、万が一の緊急時(特に胃捻転)の際に受け入れてもらえるように、事前連絡してありました。

結局、アスターは中日の3日目だか4日目にオゾンを入れてもらいにその病院にお世話になりましたが、こちらのホメオパシーの先生ともお知り合いだったし安心でした。
面白いことに、たまたま私の住む地域に別宅があるそうで、週末は来られていると言う話も。
こっちに開業してくれないかなーなんてマジに思っちゃいますよ。

で、久々にブログを覗きに行ったら・・・
なんと霧ヶ峰に参戦している犬が2頭も胃捻転でこの病院に担ぎ込まれていると言う記事が。
1頭はシェパード。もう1頭はラブ。
シェパの方は既に退院したようですが、この犬も過去にGDVを起こしており、今回山で再発。
しかも入院中に再度捻転したとか書かれてる・・・(怖)
ラブの方は腸捻転も併発してしまっていたようです・・・無事に回復しますように。

ホメオパシー診療をしている獣医さんで、しかも外科などの一般診療も同時にやっているところは
なかなかありません。
あっても、外科の腕はどうなのよ?って不安があるけど、この先生凄いかも。

霧ヶ峰で何かあっても安心感が倍増です。

http://anemone-ah.blog.so-net.ne.jp/
(勝手にリンクごめんなさい~)
スポンサーサイト

| 我が家の犬達 | 13:01 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://antisaster.blog13.fc2.com/tb.php/1084-49d749fd

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。