FC2ブログ

| PAGESELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ペットショップで犬を買う事

久しぶりの更新です。
今回はシェパードの事ではなく他犬種ですが、色々思うところあり記事にします。

まずはこちらのブログをご覧になってください。

https://ameblo.jp/s-family-naka/entry-12425524910.html
https://ameblo.jp/s-family-naka/entry-12416451194.html

生き物に完全はありません。
全ての病気にならないなんて保障が出来ない事は百も承知です。
しかし、この疾患は「運が悪かったね」では済まされない物で、親の遺伝子検査と選択交配で防げる疾患です。
ましてや、この大手ショップでは自社でも遺伝子検査可能と言う事を謳っていました。
(2017年1月放送のクローズアップ現代でも紹介されていた会社です)

https://ameblo.jp/s-family-naka/entry-12427143866.html

私のお客様方にも、ペットショップから犬を買われた方は少なくありません。
既に迎えた我が子達は、当然ですが、かけがえのない我が子であり、その子達に何の罪もありません。
その子とのご縁ですし、何があっても一生その子を愛し、守り抜いてください。

けれど、新たに犬を迎える事を検討されている方には、「ショップでは買わないで」とお伝えしています。
けど、何故ペットショップで買っちゃダメなのか?
厳密に言えばショップだからダメなんではなく、「繁殖屋」「パピーミル」(敢えてこう書きます)が繁殖した犬は
絶対に止めるべきだと言う事です。

この2年弱、各犬種のシリアスブリーダーさん達と繋がる事が出来(シェパード以外ですが)、
その犬種に対する情熱・最新の情報収集力・妥協しない繁殖理念などを複数の方々から聞いていました。
皆さんそれぞれの犬種の世界で並々ならぬ努力をし、命を生み出す事への責任を重く受け止めていらっしゃいます。
これが、犬種の番人と言われる本物のブリーダーなんです。

シリアスブリーダーを気取ったブリーダーも数多く居るので、見極めは難しいかもしれないですが、いとも簡単に繁殖をし、子犬を大量生産させたりするようなところからは少なくとも購入しないで欲しいです。

ハッキリ言ってハイリスク、そして何か起こった時に、後悔してもしきれないです。
大手ペットショップだから安心?清潔だから大丈夫?保障がしっかりしているから大丈夫?店員さんが親切で良い人だから・・・?
あなたは迎えた子に何か起こったら、返犬して代わりの犬を貰えればOKですか?
購入代金を返金してもらえば、OKですか?
その子の苦しみは消えないし、そして亡くなってしまったら二度と帰っては来ません。

何より苦しむ我が子を目の前に、何も出来ず誰に怒りをぶつけて良いかもわからなくなる。
戦うにも、それなりに犬業界の仕組みなども理解しなければなりませんし、大半の方が丸め込まれて終わり。
泣き寝入りです。
ショップも、心得ています。
自分だけは大丈夫と思わないでくださいね・・・・
仮に迎えた我が子がなんの問題もなく大丈夫であっても、ショップから購入する事で、このような流通に加担しているわけで、こう言う子達を生産する事に協力している事になるんです。
買う人がいる限り、終わらないです。

そもそも、自分が繁殖した子犬達への愛情があるブリーダーがペットショップに卸す事は「絶対に」ありません。
シリアスブリーダーさんは自分の手で、自分が見極めた方にしか譲渡しません。

「子犬は商品」でしかない繁殖屋で生まれた子犬がペットショップに居ると思って間違いないです。
シリアスでないブリーダーさんでさえショップには卸さない人が多い事を思えば、ショップに卸されている子犬達のバックグラウンドは容易に想像出来ますね。
犬屋、バックヤードブリーダーです。

ただ現実的に、皆さんに「シリアスブリーダーから迎えてね」とは言えないのが現状かもしれません。
それは犬種にもよりますが少なすぎるから。
本物のシリアスブリーダーさんを探して譲ってもらうのは、なかなか骨の折れる事ですし、よほど運が良くない限りは「年単位」で待つ事になるからです。

でも、お願いですからせめてペットショップからは買わないでいただきたい。
負の連鎖でしかないと思うので。

このところ益々、巷で子犬を見ても、この子は遺伝病大丈夫なのかな。
検査済の親から生まれてるのかな・・・
そんな気持ちが先に立ってしまって、純粋に可愛い~!とだけ思えなくなってしまっています。

一人でも多くの方に知って、気付いて頂きたいと思い久々に更新してみました。




スポンサーサイト

| 遺伝疾患全般 | 15:47 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

| PAGESELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。