| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

LILAの足

1月11日に「膝蓋骨脱臼(パテラ)」の診断を受けたLILA。

CIMG3507.jpg

初めの1週間はそこそこ良い経過を辿っていたように見え、散歩も再開していたものの、
歩き散歩の時間もやや長くなってしまったのもあったのか(10分少々の往復)、投薬をストップした影響もあったのか、その後の経過は一定以上に良くならず。
ちょうど大雪の事もあってLILAの足には悪いと思い、また散歩は中止して様子を見ていました。
1ヶ月経ち、やはりいまいち。
それで、2月16日に再度受診してきました。
すると、なんと膝じゃなくて股関節だと・・・(え~!?マジで???股関節は大丈夫だって先生言ったじゃん~~(゚д゚lll))
とにかくそれならばすぐにレントゲンを!!と撮ってもらいました。
すると、完全に脱臼しているではありませんか・・・・(泣)
もっと早く(というよりセカンドオピニオン)気付いていれば。。。
1ヶ月前、結構しつこく(翌日別の子の受診時に再度LILAも連れて行き)再度レントゲンを撮って欲しいと言ったんですが、院長「大丈夫、その必要なし」と言ったんだよぉ~~(多分覚えてないんだろうな

って言っても、もう仕方なし。
外科手術(骨頭切除)しかないとの判断だったので、とりあえず保留にしてもらい、ネットで「非観血的整復」と言う外科ではなく全身麻酔下で元に戻すと言う方法がある事を知ったので、それに賭けてみようと思って、
昔アンティスの前十字靭帯を発見&opeしてくれた浦安の病院にセカンドオピニオンに行って来た。(2月20日)
こっちで撮影したレントゲンが骨盤ごと曲がって見えると言う事で、2枚のレントゲンを再度撮り直し、話を聞く。
曲がって見えた骨盤は大丈夫だったものの、元々痛めていた右股関節は骨頸にクビレがなくて軽度のレッグペルテスだったんじゃないかと。
そして今回痛めた左股関節は、元々の受け皿がやや浅いのと既に1ヶ月以上経過している事から、その受け皿部分には既に結合組織が固まっているから、戻す事も難しいし戻せたとしてもすぐにまた外れる事になると思う。と言う事。
骨頭切除じたいは難しい手術ではないし、やる事でリハビリはLILAの場合は半年~1年かかるけれど、元通りに
走り回れるようにもなると言うので、こっちの先生の説明を聞いて、納得&手術の決意がかたまりました。

CIMG3478.jpg

で、浦安の病院でのopeも考えましたが、なかなか私の都合も遠いと厳しいので、手術はやはりこっちの病院で行う事に。
こっちなら日帰りで返してくれるし近いので日程も何とか調整可能だし。
で、先日術前検査をしてきました。
血液検査は問題なしという事で3月1日に手術となりました。

今年に入って正念場が続く我が家。。。
踏ん張り時です。

CIMG3471.jpg
リハビリ組?

CIMG3485.jpg
背中に変な物が乗ってて嫌だわ・・・


スポンサーサイト

| Lila | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

| PAGESELECT | NEXT