FC2ブログ

| PAGESELECT |

≫ EDIT

出たぁ~~~(泣)

夕べ散歩から帰って、真っ暗なライルのいたリビングに入り小さな蛍光灯を点けると・・・

カサカサカサ・・・・・

と不吉な音が

この音はもしや・・・G!?

目を凝らして音の根源を探すと・・・・
ぎゃ~~~ライルのケージの中に居るぅぅううう!!

マズイ、どうしよう!
退治せねばっ

オカメインコのオカメパニックは地震の他にもこのゴキが原因でパニックを起こすケースもあると
どこかで見た事がある。
しかしライルはじっと止まり木に止まったまま身じろぎもせず。

ゴキは私の気配で逃げようとするも、滑るのかケージからなかなか逃げられない様子。
敷き紙の裏側に入り込んだりして身を潜めている。

殺虫剤は使えないし、どういう手順で殺るか・・・
とにかく万が一に備えすぐにぶっ叩く物が周囲にないか探し、絶対に生きては返さないつもりで挑む。

ライルを救出して熱湯をケージに流すか?とか。
作戦を練っているうちに、Gがケージの外に脱出した!!!

私はとりあえず手に持っていた空のペットボトルとティッシュ箱を持ってモグラ叩きのように壁沿いを走るGを追いかける。
すると、Gは私に向かって走ってくるではないか

思わず、女の子みたいな声で「キャァアアアア~~~~!!!!」と叫びながらも思いっきりペットボトルをバンバンバン!!!!!
一度軽く当たったのだろか?Gがひっくり返ったままジタバタ!
でも、まだまだ動き回りそうな気配なのでトドメをさした。取り乱しまくって3回以上は叩いたかも・・・
そして闘いは終わった・・・・・

怖かった。怖すぎる。
あっちも必死だろうが、こっちも必死よ。


それにしても初めてケージの中にGと言う光景を見たが、ライルは本当に動じないオカメだ。
恐らく、暗闇の中でGがカサカサしていたのは不気味には感じていただろうが(冠羽が立ってたw)、パニックにはならなかったのだから、大したもんだ。

もしライルまでパニックに陥っていたら、取り逃がしたと思う。

CIMG5261a.jpg
ゴキ如きでパニックにならんよ。

スポンサーサイト



| オカメインコLyle記録 | 14:47 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

| PAGESELECT |