FC2ブログ

PREV| PAGESELECT |

≫ EDIT

Aster

3週間、子育て頑張ってくれたAster。
少しだけ君の成長を見れたような気がします。

でもAsterも楽しんでいるようには見えて、それなりにストレスはかかっていたみたい。
普通のお預かりで来る子達とは、やはり違うと感じるんでしょう。
どうしたって、これまで生まれてから一度も愛情と言うものをたっぷり受けられなかった子犬達に対しての私の関わり方は違ったでしょうし、教える事が沢山あったわけで・・・・
とにかく子犬達中心だったので、Asterは「もしかして妹が出来るのか?!」と思ったに違いありません。

子犬達が来て2週間前後で、ウンチの様子が変わって来ました。
形のある便でも、色と出方、形が明らかにおかしい。
2度目3度目のウンチが下痢。
外側に粘膜がかかる。
これを繰り返していました。

当初は、フードを変えたせい?とか、やっぱりジアルジアをもらっちまったんじゃ・・・?と思って、全部で5回も検便をしましたが、特に異常もなく。
ジアルジアじゃなければ、膵外分泌機能不全か?とか。とにかく心配が尽きない。(色の薄い脂肪便、表面に粘膜がかかる、固まったかと思ってもすぐに軟便になりやすい)
で、Antisの自宅看護をずっとサポートしてくださった先生がいる病院に行ってきました。
先生の見解次第で、検査センターに回すかしてもらうつもりでしたが。
どうもウンチを見た先生は、「これは、膵外分泌不全のウンチじゃないと思うわよ」
もっと臭いもキツイし、こんなもんじゃない。と。
念のため、検便もしてくれ、その後染色しての検便もしてくれましたが、どちらも異常なし。
肝臓や腎臓も一応血液検査もしておきましょう。と言うことで、一通り検査しました。
が、どれも正常!
体重も減るどころか、35.75キロと随分ふくよか
二度目の捻転以降、なかなか太れませんでしたが今MAXかな。
(でも、毎回体重が最高に重い時に捻転起こすのでそれも怖い)

不思議な事に、その翌日くらいから変なウンチはなくなり、快便です(苦笑)
何にもしてないのに。(あ。一時的に消化酵素は増やしました)
私の心配しすぎる精神状態も影響してるのか?
今はバッチリ、それまでと同じ、良いウンチが出ています。
あぁ見えて繊細なんだよねぇ・・・

私自身にも問題があるんだと思う。
自分で多頭飼い向かないな。と思うのはやっぱりこの点。
臨機応変にやれば良いのだけど、その臨機応変が、手抜きのように思えて罪悪感を覚えたり、時間のなさや効率の悪さにイライラしたりしてしまう。
そう感じてしまう事そのものがダメなんだけど、こればっかりはなぁ。
もう少し、自分のキャパシティが広がっていれば良いんだけどね。

Asterの後釜は、やはり入れる事は当分・・・・いや彼を看取るまでは、ないかもしれませんね。
その後の自分が怖くもあるけれど。

P1230923a.jpg
束の間の子育てでした。

| Asterの成長記録 | 12:18 | comments(6) | trackbacks(0) | TOP↑

PREV | PAGESELECT |