FC2ブログ

| PAGESELECT |

≫ EDIT

腰の痛みの再発と発熱

しばらく、ブログ更新をサボってしまいました。。。
更新する気力なしって感じでした。

とりあえず、まとめて記録の為の記事アップ。
(完全覚え書き)


前の記事を更新した翌日、7月23日の朝の事。
公園まで車で行き、フリーにする前に腰を押してチェック。
すると、「ヒィ」と鳴く。
あー・・・やっぱりダメだったか。。。とすぐさま車に撤収。
当分、完全安静に切り替えることに。

7月24日の朝、ベランダでトイレをさせる。
オシッコ→ウンチで、済んだら朝食。
が、この日はウンチを促すも止まったまま動かない。
いくら言っても反応いまいちなので、部屋に戻し、食事の準備をするが・・・
なんか変だ。
いつもなら「メシ飯めし」と期待の眼差しが凄いのに、その気配がなく、寝室に寝ている。
この時点で、「あ、まずいな」と思いつつ、確認の為少量の食事を口元に差し出す。
一応、食べようとはするものの、勢いなし。
すぐに取り上げて検温。
あぁ~やっぱり40.8℃。(高めに出てしまう体温計なので、実際は40.5℃以下だとは思うけど)
慌てて脇と内股を氷で冷やす。
幸い、午後には平熱に。

プレビコックス1錠。


25日。
皮膚をよく観察してみると、所々に内出血のような発疹が見られる。
3年前と同じなら、この発疹の部分がその後出血する。
2度目なので、そう驚かなかったが、体質的に免疫力が落ちた時に、何かの切欠があると発熱し、発疹となるような感じ・・・
案の定、午後から一部出血し始め、カサブタになる。

プレビコックス1錠。


26日。
特に変わらず。
熱も平熱を保っているが、発疹と出血は続く。(出血した箇所からカサブタになり治るが新たに出血するので)

プレビコックス1錠。

午後、ホメオパシーの病院に送迎の仕事があったので、ついでに応急としてアスター用のレメディを処方してもらう。
少し先生と話すチャンスがあったので、状況を話しつつ、次の診察までにどうすべきか相談すると、
「毒素が目一杯になってる。これ以上薬を飲ませちゃダメだよ。」

との事で、プレビコックスは一度中断。
レメディのほか、クロレラやらサプリを貰って帰る。
(クロレラは3ヶ月は継続するようにとの指示。毒素排出のため)

27日。
特別変わりなし。
身体は痒い模様。

28日。
朝の体温38.7℃。

29日。
ホメオパシー診察日。
体重33.9キロ。
やっぱり動いてない分、重くなってるな・・・
メタボ街道か?

過去最高のレメディ量かも。
精神面も影響しているとの事でバッチも出された。

8月1日
なんだか調子良さげ。
いきなり散歩の催促をし始める。
「アンタは行かないの」と何度も部屋に戻す。
腰を押しても痛がらない。

明日からまた徐々にリハビリ再開してみよう・・・
皮膚の方はかなり落ち着いてきて、ほぼ新しい出血はなくなり、カサブタが無くなり新しい毛が生えてくるのを待つだけ。


8月2日。
朝、公園の芝生内を15分歩く。
夜、近場のA葉公園まで歩き、少し公園内を歩いて帰宅。
腰の痛みは出ていない様子。


8月3日。
朝、公園の芝生内を15分歩く。
夜、近場のA葉公園まで15分歩き。

8月4日。
朝、公園の芝生内を15分歩く。(車のスロープに上がる際、小さく鳴く)
夜、T野公園まで歩き。(片道10分少々、公園で休憩)

8月5日。
朝、公園の芝生内を15分歩く。(車のスロープに上がる際、小さく鳴く)
夜はなし。

8月6日。
朝、公園の芝生内を15分歩く。(スロープの際は鳴かなかったが若干動きの悪さあり)
夜、T野公園まで歩き&休憩後少しフリータイム。

8月7日。
朝、T野公園まで歩き&休憩後少しフリータイム。
夕方、T野公園まで歩き&休憩後少しフリータイム。
日中、ヘソ天。(痛みはなし)

8月8日。
朝、T野公園まで歩き&公園内1周歩き&休憩後少しフリータイム。
夕方、T野公園まで歩き&公園内1周歩き&休憩後少しフリータイム。
日中、ヘソ天。(痛みはなし)

DSCF7238_20100803231252.jpg
今朝のAster。
筋肉落ちちゃったよねぇ・・・

DSCF7270.jpg
でも、外はやっぱり気持ちいい!!

DSCF7261.jpg
Antisも運動量かなり落ちてます。
暑さが影響しているようで、今は食べる為に立っているのもやっと。
食べ終わるか終わらないかで、疲れてその場にへたり込んでしまいます。

スポンサーサイト



| Asterの成長記録 | 23:34 | comments(5) | trackbacks(0) | TOP↑

| PAGESELECT |