| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

Antis

8月26日、朝のご飯は食べたのに初めて昼食を拒否。
朝から立ち上がりに時間がかかる、足取りがちょっとおぼつかないような感じはあった。
昼食はどうにか宥めながらも、おおかた完食。
午後、梨を一欠けら差し出すも顔を背ける。頂いた豚の咽ナンコツも、拒否。

夕ご飯はA/D缶完食。
夜は普通のフード(ペースト)とハーベスト缶(ネイチャーグリーン)を混ぜたものをペロリ。
本来の食欲ではなく、選り好みがあるものの、とりあえず食べてくれるのでまだ良いかな・・・

※病院の指示で脱水の傾向があるから水分(電解質のもの)を摂らせるように言われるのでなるべく頻繁に飲ませる。

27日、ホメオパシー病院へ。
乳酸リンゲル点滴(皮下)400mg+ビタミンB。
オゾン注腸。
前日と比べると比較的表情もよくなる。
食欲も、ガツガツではないものの、いつものフードを食べるようになった。
(暫く考えてから食べる感じ)
嚥下が弱っている感じがあり、水を飲む時も食べる時も、ゴックンゴックンと飲み込む音がする。

夜、近所に住んでおられる先生(Welfの自宅看護でずっとお世話になっていた先生)が点滴セットを持って来てくださる。

28日、朝お漏らし。
とりあえず食べる。
が、一向に立ち上がろうとせず。
足に力が入らない。飲ませる量も多いし、点滴もしているので、おしっこは溜まっているはず。
仕方ないので、寝たまま膀胱圧迫をしてみると、軽く押しただけで出てきた。
本人も私もこの方がラク。
とは言え、やはり少し頑張らせて起き上がる事をさせなければと言われ、なるべく声をかけて
頑張るように促す。
が、やっとの思いでベランダに出てもオシッコがチョロチョロ・・しか出ない。
ウンチをするにも踏ん張れずに尻もちついてしまう。
結局、寝たまま残りをさせる。
ウンチも食べている量の割にほんの少しずつしか出ないので、出しても出してもずっとオナラと一緒に
常に微量のウンチが漏れてしまうので、肛門や尻尾が汚れてしまう。

皮下点滴:リンゲルタウリン液(100ml)+グロンサン、メタボリンG、フラビタン(ビタミンB)、ビタミンC

29日、朝の足取りは幾分しっかりしている。
ベランダでオシッコ(尻尾を持って支えてやると力が入るようでオシッコもまぁまぁ出た)。
続きでウンチをさせたら、物凄い量が出た!!
溜まってたんだねぇ・・・
食餌は完食。
点滴なし。

30日、調子いいようだったので朝カートで少しだけ公園に。
食餌はほぼ完食。
毎回のトイレもちゃんと外かベランダで出来た。
点滴なし。

31日、アスターのホメ病院に同行させる。
病院内では気持ちよくスヤスヤお休み。回数を分けているので、病院内でご飯も完食。
診察終わってちょうど夕方の時間だったので帰り途中に公園に立ち寄る。
どうかな?と思ったけど、久々に車椅子で歩く。
思いの他、スムーズに歩けた!
けど、無理は禁物なので、芝生内まで移動してあとは夕涼み。
外の空気を吸って、気持ち良さそう。
今までオモチャも咥える気力がなかったのに、ボール咥えてハミハミしてた。
他の子がボールに近寄ってきたら取られまいとして、すぐにボールを咥えたり。
やっぱり刺激は必要だな、と思った。
体調が悪くなければ1日1回は外に出してやりたい。

早く涼しくなってくれないかな・・・
スポンサーサイト

| Antis介護 | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

| PAGESELECT | NEXT