| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

整形外科受診

1ヶ月半前、突然何処かに痛みが出たAster。
あの時は走らせ過ぎたかな?と思って、安静にさせて様子を見たら治ったので、結局そのままにしてあった。

ところが、ここ1週間くらいだろうか。
運動後限定で、しかも車に飛び乗る時限定でヒャン!と1回だけ鳴く様子が見られ、
かと言って走りや歩様に異常があるわけでもない。
前回のように、ベッドに上がる時は言わない。
結構な高さのものに飛び乗る際に痛みが走るようで、しかも何処を痛がっているのかわからず。

やはり心配なので、今日の整形の専門外来に予約をしていました。
そういえば久々の緊急を要したものでない診察。
アスターも随分扱いやすくなったもんだ(文句は多かったけど)。

結果、やはり3年半前に診断された「腸腰筋の炎症」の疑いが強いようです。
前回と同じく左脚。
安静にしていれば治るものなので、正直ホッ。(癖にはなるんだけど)
レントゲンは出来たら撮りたくなかったのですが、撮らざるを得ない雰囲気で、計4枚撮影。
レントゲン上も、腰のブリッジも大丈夫そうだし、股関節に関しては
「シェパードでは理想的と言えるくらい、滅多にお目にかかれない綺麗さです」
と嬉しいお言葉をもらえました。

レントゲンは本当は撮らないで診断してもらえないかと思ったんですが、ここは強く拒絶出来ず・・・
安全だ、大丈夫だと言われたっって、影響って無くは無いですからね。。。
放射線被爆もそうだけど、撮る時の犬に強いる相当無理な姿勢は、やはり不安でした。
(胃がひっくり返りそうで仰向けにするのを私が嫌がったので、横向き+うつ伏せで撮ったんですが、うつ伏せって言っても脚を完全に後方に伸ばして引いた状態。無麻酔でシェパにはかなり辛い姿勢でした・・・)
あの姿勢でどっか痛めるんじゃないかとハラハラ。
心配性かなぁ・・・。

横向きとうつ伏せの2枚で終わると思ったら、同じ撮り方でまた1枚ずつ撮ると言うので「うつ伏せもまた撮らなきゃダメなんですか!?」と思わず言ってしまった。
飼い主が付き添うといちいちウルセーと思われただろうけど。

それはそうと、とりあえず腸腰筋の治療をしていきましょう。とのお話で、リマダイルなりプレビコックスなりの
痛み止め、抗炎症剤を飲ませるように指示。
「あ、ウチに沢山余ってます」
とちょっとウソを言ってお薬はもらってきませんでした。
(持ってはいるんですが、日数分はないし飲ませる気なし。)

「飲ませないと治らないんですか?」と聞いたら
「飲ませなくても治りますけど、成績はいいです」
との答え。
えー。そんなら飲ませない。
過敏なアスターに、この程度で薬を飲ませるのは怖いです。

・・・とは言いませんでしたよw
大人しく「1週間飲ませます♪」って事で2週間後の再受診を予約して帰って来ました。

代わりと言ってはなんだけど久々にホメオパシーに頼ってみるかな・・・・

ちなみに、6月末のFCIでIPO1の競技会兼訓練試験を受験するつもりでいました。
ただ、7月近いと暑さの心配もあって不安に感じてもいましたから、今回の故障は諦める気になる材料になったかも。。。
先生的には6月末なら、多分間に合うと思いますよ。と言っていましたが、それまでロクな練習が出来ないというのも
まだ様々な不安要素が残るアスターですから・・・
締め切りまで1週間ありますので、多分もう少し揺れ動くかもですが。
なにせ、IPOを受験出来るチャンスがなかなかないのです。
公認訓練所で受験が出来るって言ったって、そんな広い場所を実際持ってる訓練所はそうはない。
本当は競技会に出したい訳ではないので(だって競技と試験で25,000円もするのよ・・・)私は試験さえ取れればいいんですが。
実際、受けたいと思っても一人の為に場所とヘルパーと審査員を用意するのは無理だろうしね。
なのに、この手の競技会はこの近辺では6月と12月の年に2回しかチャンスがないんで、悩むわけです。
アスターももう若くはないし、頑張れてもあと1~2年。
7歳までは無理な気がするので、残り1年か?
早い・・・・
まぁ、なんにせよ無理はさせられないアスターなので、この時期にこうなったのも、何かの警告かもしれませんね。


さてさて2週間の安静期間、安静に過ごせるのでしょうか。(汗
って言うか、私が時間余って暇になりそうだなぁ~。笑
身体が鈍りそう。

DSCF6750a.jpg
オレ、2週間も安静だって。無理ー!!
スポンサーサイト

| Asterの成長記録 | 23:45 | comments(6) | trackbacks(0) | TOP↑

| PAGESELECT | NEXT