FC2ブログ

| PAGESELECT |

≫ EDIT

Antis血液検査

このところ、やたらと水をガブ飲みしたがるAntis。
異常か水分摂取量上限ギリギリかって微妙なラインの飲みっぷりで獣医に行くのをどうするか迷っていました。
多飲多尿で考えられるのは、腎臓か糖尿か、甲状腺ホルモンか、はたまた、最悪は悪性腫瘍・・・。

調べれば調べるほど、気になって仕方が無いので、やっと今日時間の合間を縫って連れて行きました。
院長が不在な曜日なのは知っていたのですが、明日は連れて行けるかわからないし・・・
まぁ、検査の結果は嘘をつかないので、検査だけでも。

出かける前のオシッコを採取して受付で渡す。

1日の飲水量をおおまかに伝えると、やはり若干多いようだ・・・

尿検査では異常なし。
PH7.5タンパク(-)潜血(-)糖(-)比重(1.028)。と全て正常値。

血液検査では、最悪のケースも考えてカルシウム値も検査。(悪性腫瘍だと上がるらしい)

若い先生、院長とは違って丁寧に一生懸命説明をしてくれた。w
GDVなどの緊急時だと少しまだ頼りないのだけど(ごめんなさい(^^;;;)、わかりやすいし、有り難い。
院長だとぶっきらぼうだから、説明もわかりにくいのです。

今回、正常値ではなかったのが赤血球。正常値550万~850万なのが、527万。
若干だが、低い。
あとはヘマトクリットが正常値ではあるけど低めの37.9。(正常値37~55)

若干貧血気味なのかもしれないって事で、経過観察程度のようです。

で、一番気になっていた腎臓。
BUNは14.5(正常値9.2~29.2)
CREは0.9(正常値0.4~1.4)
と全くの正常値内。

血糖値も84といたって正常。

で、毎回若干高くなってしまう肝臓。
これは年齢からしても、少々高くても許容範囲・・・と思っていた。
なんと、まったくの正常値になっていました。(驚)
ALP:115 GOT:33 GPT:59
前回の検査では
ALP:234 GOT:25 GPT:81↑

若い先生も「シェパードでこの年齢では優秀な結果ですよ」と(^^)

うん、たしかに。

あ、カルシウム値も9.7と正常値でした。


とは言え、水分量は今後もしっかり様子を見て行かなくてはならなそうです。
フードをふやかす為の水分量は抜きにして、一日に4リットル飲むようならやはり異常だから、
出来るだけ飲水量を把握して、様子次第ではまた連れて行く事に。
腎臓は相当機能が衰えないと数字に出てこないらしいし・・・
定期的な尿検査はしようと思う。

それにしても、4リットルは微妙なんですよねぇ。。。
最近は少ない日で3リットル、多いと4リットル以上は飲んでいるような気がするのですが、
ふと気付くとAsterに入れた水を飲んでいたりするので、厳密に量れないのが困りものです。

とりあえず、今日は気になってしょうがなかったAntisの検査がホッとするものだったし、良かったとしよう♪

私もずっと自分自身の体調で気になる事があったんだけど、この5日ほど肉体的に疲労はしているものの、ずっと気になっていた症状が全く無くなったので、気分的にも違う(^^)
いい加減に病院に行かなきゃならないかなぁ・・・と思っていたけど、症状が消えると病院なんて絶対行かね~!となってしまうんですな。(^^ゞ

DSCF6475.jpg

スポンサーサイト



| Antis | 00:34 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

| PAGESELECT |