FC2ブログ

| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

術後経過

先ずは、ご心配頂いてメールや電話をくださった皆さんに感謝いたします。m(__)m
ありがとうございます。

お陰様で、Asterは順調です。
まだ安心は出来ませんが、若いだけあって回復力はかなりのものです。
午後のトイレ出しでも、術後とは思えないような足取りで歩き、トイレ。
しかし、便が完全に水様便なのが気がかりです。
ただの投薬した麻酔や薬剤の排出とかだといいのですが・・・・・。

まだ術後12時間ちょっとした経っていない、午後のAsterはこんな表情です。
まるで元気な犬みたいですね(^^;)

2008-04-06_14-24.jpg
「オレ、喉渇いた~」「オレ、こんな狭いとこ嫌だ~」「オレ、もう帰りたい~」
と、早くも鼻鳴き攻撃です。
2008-04-06_14-24_0001.jpg
でも、少しすると疲れて寝てしまうからやっぱり辛いんだろうね。


今日は病院は午後から休診。
本来、オペが3件入っていた筈だったようです。
先生も、流石に寝不足で「3件はきついな~」と思われていたようなのですが・・・・
幸い?な事にオペ予定だった3頭全員が術前の血液検査で引っ掛かり、中止(延期)になってしまったんだそうです。
院長、「良かったよ、神様はちゃんと見てるんだな(笑)」

ホントです。ウチのせいで先生が過労で倒れたら私も申し訳たたないもの・・・
(あ、手術予定の犬達は緊急性の高いものではなく、避妊等のようでした)

さて、これから夜のトイレ出しに行きます。
Asterの容態も落ち着いているので、泊り込みはしないつもりです。
初めてこんなに長い時間離れるね。

術中はずっと「戻ってこい!帰ってこいよ!!」と祈るばかりでした。
今回の事で自分にとって想像以上にAsterの存在の大きさを実感しました・・・・


試練のお誕生日になってしまったAsterだけど、逆にお誕生日だから助かったのかもしれないね。
うん、そう思う事にしよう。
お誕生日おめでとう!Aster!!
スポンサーサイト



| 胃捻転関連 | 21:11 | comments(6) | trackbacks(0) | TOP↑

| PAGESELECT | NEXT