FC2ブログ

| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

恐ろしい夢

今朝方、恐ろしい夢を見た。
このところ、頭の中は週末の競技会の事でいっぱいだったりするのだが・・・

そう、その夢は競技会の夢。

本番前に調整を始める自分とAster。
しかし、Asterが今までに見たこともないような集中のなさ。
ボールを見せても乗ってこない。
まるで違う犬で、テンションが低い・・・・上の空。
焦る私。

一生懸命盛り上げるのに、一向にAsterの気持ちは回復せず。
そうこうしているうちにとうとう出番がやってきてしまう・・・・・・
(この後は覚えていない)

という恐ろしい夢だった


これ、犬を知らない人や競技に興味のない人にしてみたら何が恐ろしいのかわからないでしょうね(^^;;;

この夢のシチュエーションは私にとっては、「恐怖」に近いものであります(笑)

実際Asterでは起こることはないと思うし、訓練所の所長さんからも
「この犬のテンションが下がる事はちょっとやそっとでは、ない」とお墨付き?を頂いている程だけど、
それでも私の中で潜在意識の中に恐れている事がこうして夢にまで出てくる・・・・

まったく、どこまで心配性なのだ・・・自分。
Asterが楽しく、激しく、集中してやってくれればそれでいい!

・・・・でも、騒がないでね。
・・・・でも、被らないでね。
・・・・でも、目線動かさないでね。
・・・・でも、素早く座ってね。素早く伏せてね。
・・・・・・・でも・・・・・・・

と、やっぱり言い出したらキリがない欲の深い飼い主です。(^^ゞ

スポンサーサイト



| 独り言 | 23:51 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

| PAGESELECT | NEXT