FC2ブログ

| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

考えろっ!

見た目は元気いっぱいなAsterではあるが、正直なところ無理をさせるのがまだ怖かったりする。
リハビリの間に捻挫もしてしまい、以前のような運動や訓練に戻すのはまだ先の事になりそう。
ってなワケで、これを機に面倒臭くて手をつけていなかった選別をやってみる事に。(←やっぱり何もしないワケにはいかない性分)
身体を使わない分、頭を使ってもらおうじゃないか。

まずは、距離も短めで1つの布から・・・♪
これは簡単でしょう~。と軽く考えた私がバカだった。
ヤツは必ず期待外れな行動をしてくれる天才だったのだった・・!

咥えさせた後、その布を台に置き「持ってこい」と選別台に送り出す。
すると。
何を考えたのか、「アゥ゛~~!!」と言いながら台を咬んで持って来ようとしやがる
最悪だ

仕方ないのできっちり誘導し、手で指さして布を持って来させる。
数回やって布への意識はついたので、2枚に増やすが。。。。
初めに目についた布を手当たり次第に咥えて持ってこようとする。
当然リードを付けて行ったが、あまりに適当なAsterに怒っちゃいかんと分かりつつも
「だぁぁあああ!!!ちゃんと嗅げ!!ゴルァ!」と怒ってしまった。
ダメなんだよな、選別や追及の初歩でコレやったら・・・

あのAsterが選別台に近寄りもしなくなった
一緒に行っても台の前で座り込み、拒絶。
もう滅茶苦茶なんで、午前は無理矢理成功で終わらせ、あとは午後に。

とりあえず午後の練習ではステップバックして1枚に戻す。
1枚で失敗のしようもないので、数回褒めたらすぐに復活。(^^;)
Asterでよかった。Antisだったら間違いなく復活しない。

とにかく1枚だけを繰り返し上機嫌にさせて自信を回復させて、頃合を見計らって2枚に。
案の定2枚にすると、また端から何も考えずに咥える。(ーー;)
完全に当てずっぽで、「違う」と言われたからもう1枚を咥えりゃいいって感じ。
よく嗅いで確認してからどちらか選ぼうって気は更々ないらしい。
選ぶと言う動作を教えるのに2枚よりか3枚の方が意味を伝えやすいかと思い、布の枚数を増やしてみる。
正解の布は必ず一度Asterに咥えさせて、唾液を付けておく。
何度もやるとヨダレでビチャビチャ。(ーー;)
とにかく何度も何度も繰り返し、正解の布を咥えた時だけ褒める。


しかしAster、確認の為にもいちいち咥え上げるので、布が散らばる。。。
咥えてみて「あ、違う」と捨てる。
また隣を咥えて「あ、これだ」ってな感じで・・・
酷いと、1枚を咥えたまま隣に移って2枚一緒に咥えてしまう事も。
これは今は良いとしてもゆくゆく修正していかないとマズいよなぁ。
そのうち訓練士さんにも相談してみなければ・・・
とりあえず、どれかを選ばなければならないらしい?って事はほんのすこーーーーしだけ分かってきたらしい。
それでも自分の唾液がベッタリついているんだから、もっと考えてやってほしいところだ。
まぁ初日だし、焦らない焦らない・・・・

それにしても新しい事を楽しく教えるつもりが、私もついムキになってしまった。
ダメダメだぁ・・・・(>_<)

DSCF1858.jpg
これね!・・・ってそれ、1枚ですから。

DSCF1862.jpg
えへえへ。
スポンサーサイト



| Asterの成長記録 | 23:29 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

| PAGESELECT | NEXT