FC2ブログ

| PAGESELECT |

≫ EDIT

プチ

1年前、私の気の緩みのせいで失ってしまった小さな命。
先日はオカメインコのプチの命日でした。

本当に可愛くて賢い子だった。
ドライブも大好きで、車に乗るとご機嫌に鳴いてた。
芸達者で、犬達より覚えるのが早かった。
キャンプにも行ったし、繊細なオカメインコにしてはタフな性格だった。
なのに、留守番させると寂しくて断食してしまうので、結構アチコチ連れまわしていた。

プチを失って暫くの間は、私が玄関から帰ってくると「ピョー!ピョー!!」と叫ぶ声が聞こえないのが妙に寂しく、鳥かごを置いていた場所に何もない事に違和感を感じる日々が数週間続いたが、今は鳥の居ない生活の方に慣れている自分がいる。
時折、車で信号待ちをしている時に聞こえるプチと同じ声で「呼び鳴き」する声を聞いたり、近所でご機嫌な時のプチの声と同じオカメの声が聞こえると思わず立ち止まって「プッちゃん♪」と呼んでみたくなってしまう。
呼ばない代わりに口で擬音を使ってみると、反応が返ってきて嬉しかったり。

もう一度、一緒に暮らしてみたいけれど、私の行動&性格上、鳥のような繊細な動物は難しいかもしれない・・・
少なくとも、今のような生活スタイルでは、鳥にかけてあげられる気持ちの余裕もあまりない。
可愛いから、欲しいから・・だけでは迎えてはイケナイよな。

でも、思い出すと懐かしい、あの鳥の感触。
またプチの頭「いい子いい子」したいよ・・・

プチ、あなたを寿命まで生かしてあげられなくてごめんね。
守ってやれなくて、ごめんね・・・

DSCF5677.jpg


スポンサーサイト



| オカメインコPetitのこと | 12:16 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

| PAGESELECT |