| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

再発

心配していたAsterの体調がまた悪化しました。。。
土曜の検査の結果は書きました通り、院長のお墨付きは貰ったものの、何となくしっくりこないような結果ではあり、「やっぱり」というような複雑な心境です。

昨日は本当に涼しかった1日で、寒いくらい。
朝の訓練とチャリ引きをこなし、夕方の散歩はどうしようかな。。と考えた結果、服従をやりたい気持ちを抑えて駅の方へ買い物に行きがてら、同伴させる事に。
翌日にレッスンがあるけど、涼しいしこれくらいなら問題ないだろうと思った。最近体力落ちてるし・・・・。
チャリで途中までゆっくり走り、歩きで駅を目指す。
商店街を用のある店だけ周り、およそ1時間ちょいで帰宅したのだが、商店街を歩いている間も、少しの注意で耳を貸すし、人から話しかけられて対応してる間も、サッサと伏せて、妙にイイコだったなぁ。と思った。
とにかく気味が悪い程扱い易くて、どうしたのかと思った。
帰宅しても、のそのそと自分のベッドに行き、寝てしまう。
これ見て「おかしいな」と思い、夜になって(運動した後はいずれにせよ体温が高いので)、検温。
すると、40.4度。
ひぇ~、またぶり返した・・・・・

大人しく扱いやすかったのは熱のせいだったんだ。汗
しかし前回と違って食欲はあるので、病院には電話だけして、応急的な処置だけ確認を取った。
脇の下や内股を冷やしてやり、水分補給をさせるように。との指示で、アクエリアスなどの水分を夜中も何度か強制的に摂らせる。
翌朝(今朝)は、比較的顔色も良く、動きも鈍いなりにどうにか。
体温も、40.1度まで下がってはいるし、これで病院に連れて行ってもまた薬などで対応されるだけだろう。
悩んだ結果、今回は薬で抑える事はせず、理由のある熱だと判断し、初めからホメオパシー治療にかかる事に。
ラッキーな事に朝一で電話をすると、いつもなら2週間先まで予約が取れない病院が、今日の10時半なら空きがあると言う。
連れていけなくはなさそうだし、気合いで連れて行った。
体温は、病院では39.8度。(ウチの体温計はいつも高めに出るらしい)
熱の出方も、前回と比べて低いし、前回の過程はこちらの先生にも相談していて、その際も解熱剤や抗生物質などの解毒レメディーは頂いてはいた。
ただ、3日前からホメジャの「浄化活性セット」を飲ませ始めており、その排出か?とも思われたので、一応伝える。
「その可能性もあるけど、とにかく前回の時も原因となるものの根本治療はしていないし、解熱剤を入れているから再発はしやすいはずです」と。

やはり、ここでも言われたのは自己免疫疾患の疑いがあり。
とりあえずオゾンとやらをお尻から注入(オゾン療法と言うらしい)、鍼を少し打ってもった。
それにレメディーを4種類処方してもらい、6日後にまた診察してもらう事になった。(cancer comb3,staphisagria10M,Dura8 200c,kegatrauma)

日中はとにかく寝かせる事に専念。
夕方は私が出入りする度に起きてきて「何処行くの?」「何処行ってきたの?」と顔を出すので、だいぶ体調は戻ってきている感じ。
夜の食事はいつものガツガツ食いに戻っていたので、このまま落ち着いてくるだろう。

今度の訓練や運動計画を考え直さなきゃなぁ。。。。
スポンサーサイト

| Asterの成長記録 | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

| PAGESELECT | NEXT