FC2ブログ

| PAGESELECT |

≫ EDIT

微笑ましい

今日、雨が上がった夜に用事がありチャリで出掛けた。
目的地に着くと、ちょうどジャックラッセルを連れた親子が。
ジャックは、お母さんではなく女の子の方が連れていた。(まだ小学校3~4年生くらいだろうか)
横断歩道のない道を渡る時に、女の子が犬に「座れっ!」とハッキリした声で命令。
何気なく様子を見ていると、よそ見の多いジャック。(^^;;;
ジャックに典型的な気の多さとチャカチャカ感のある子。
すると女の子、もう一度「座れっ!待てっ」と浮き足立つジャックに強く命令。
それでもお尻が浮いているのを、何度もちゃんと座らせようと頑張っていた。(ずっと座れと叫び続けていた(^^;;;)
やり方はともかくとしても、その一生懸命犬と向き合う姿にとっても微笑ましく、とっても嬉しく感じてしまった。

そのうち「ツケ!」と言って歩き出したけど、横引きジャック。(こらこら)
で、マーキングをしようとしたらしく。
すかさず、お母さんが「コラッ」と小さく声をかけ、連れていた女の子が「イケナイッ!」とジャックを引き戻していた。

私にとっては何だか嬉しい光景で、こういう姿勢が多くの飼い主さんにあればいいのに。。。って思う。
きっと、お母さんがちゃんとした方で、訓練士さんにもついているんだろうと思う。
訓練士さんが来た時だけ、トレーニングをするのではなく、日頃からのこういう積み重ねが成果として出てくるんだよね。
ジャックラッセル、なかなか大変な犬種だけど、この親子の頑張りが実を結ぶ事をひそかに願おう。
そしてこの女の子が将来犬をしっかりコントロール出来る子になってくれている事に期待。


DSCF0280a.jpg

スポンサーサイト



| 独り言 | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

| PAGESELECT |