| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

訓練。

たまには真面目に訓練の話題でも・・・。(^^ゞ
今日はちょっくら誘われて、知人の自主訓練会にお邪魔してきた。
各々の課題やリクエストに応えて、各自練習を行った。

Asterは、到着してすぐに追及を。
ハッキリ言って、追及は殆ど真面目に練習していない・・・というより、やり過ぎるとドツボにハマっていくので、久々の方が調子が良かったりする。(^_^;)
今日は、初めて他人に印跡してもらい、短い距離(20~30歩くらい?)での追及。物品3つ。
さて、どうなるかと思ったが・・・・・・
意外や意外、思いの外いい感じで追うのでビックリ。
多分、初めての他人臭で新鮮だったのだろう。慎重に嗅いで追っていた。
しかし、2本目3本目になると作業が粗くなる。(ーー;)
自分自身が、どこまで許容してどこまで矯正するのか決めておかないとなんだけど・・・。
つい、少しでも臭跡を外れるとショックで修正してしまうんだけど、それだといざって時に自分で臭跡に戻れなくなってしまう。。。というのだ。
なるほどね・・・。

で、時間を置いて服従。
Asterの課題は声が出てしまう事と、脚側でかぶり過ぎてしまう事。
他人が近くで見ていると、余計にテンションが上がるのも問題だ。
今日も、審査員役になってもらい、練習してみた。

目線はだいぶ安定してきたが、私が褒める為に頭を撫でようとすると目線が泳ぐ。
とにかく、脚側が安定しない・・・・
一歩歩けば、ギャーギャー騒ぎ、前に出たから修正かければギャンギャン鳴く。
うるさい!と叱れば、目線が泳ぐし、もーうどうしたらいいの?状態。(T^T)
とりあえず、興奮が高すぎて聞く耳を持っていない。
よって、冷静に何かを教える状況にないようだ。

ボールでの目線の惹きつけは、一旦やめて、冷静にやらせる為にも脚側の正しい位置を理解させる方向にしてみようかと思う。
あまり好きではないのだが一時的に餌を使った褒美も取り入れる。
ボールだと、興奮が高すぎてしまうので。
しかし、私が何よりも一番の褒美であれば問題ないはずなんだよなぁ。(ーー;)
悩み続けても始まらないのだけど、なかなか思うようにいかず、溜息ばかりの日々である。
あぁ、競技会デビューはいつになるかな。

ちなみにAntisは生後8ヶ月半のデビューだった・・・。
派手な動きはなかったけど、既に信用の出来る犬だったんだよなぁ。
Asterと出たら、何だか恐ろしい事になりそうで、怖い。
スポンサーサイト

| Asterの成長記録 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

| PAGESELECT | NEXT