FC2ブログ

| PAGESELECT |

≫ EDIT

病院へ

本日、「Asterが1歳半になったら股関節等のチェックをこの病院でしてもらおう」と決めていた磯子区の動物病院へ行ってきました。まぁ、磯子区と書けばだいたいの方はおわかりかと思います。

Asterは生後11ヶ月時に、股関節・肘・膝のチェックをしており、以下のような感じでありました。
http://antisaster.blog13.fc2.com/blog-entry-254.html
http://antisaster.blog13.fc2.com/blog-entry-320.html
ただ、まだ成長が止まっているわけではないし、1歳半になったら再度別の検査方法で診てもらえたら安心かな。と思っていたのであります。

ちょうど知人の犬達がこの病院に通っていたのですが、何せ毎日凄い患畜数で朝早く行って受付を済ませる事を勧められました。
朝7時半過ぎに着いたのですが、受付表の順番は既に8番目。
待つこと1時間半・・・・。

外で待っていると、院長先生が出てきて
「まずは外を歩かせてみて下さい・・・」と言われ歩様をチェック。
次に、病院の外の結構急な坂の下りと上りの歩様をチェック。
そして、触診。

結果、左股関節の形成不全といわれる。
とは言え、11ヶ月の時に撮ったレントゲンの結果とほぼ同じ診断。(JAHDのCD-Rも持参したので)
・・・と書いたけど、JAHDの結果では「股関節形成不全の所見なし」とされている。これは獣医によって判断がまちまちなのかもしれない。11ヶ月時にレントゲンを撮った獣医師も、「良くはないけど、シェパードにしては良い方じゃないかと思います」と言うような言い方だったし。(付けたし)

良くはないけど、運動制限や何かをしなければならないような浅さではないとの事です。
逆に運動はどんどんかけて、筋力アップを図るように言われました。
訓練や、捜索などの作業には支障はないと言われ、一安心です。
(板壁などの障害を飛ばすのは好ましくないような感じでしたが)

他は、左肩(前の部分)のスジを過去に痛めていると・・・・
つまり捻挫をしていたのではないか。と思われる感触があるそうです。
心配していた肩関節や、肘、膝は問題なし。


しかし・・・・心臓にちょっと待ったがかかりました。
「舌の色が良くない」と言われ、急遽、心電図とエコー検査をする事に・・・
心電図にもエコーにも「不整脈」が見られ、今後何かしらの症状が出るようなら、循環器の専門医に診て貰う事を薦められました。
確かに、夏の水泳の時の興奮時は呼吸がゼェゼェハァハァと苦しそうな呼吸をする事が数回あったので、心臓は強くはないかもしれません。
体力がないのも、この為かもしれません。(特に夏場)
ただ、運動かけてハァハァしていても、下の色が白くなってくるとか青くなってくる事はないので、様子見です。
この不整脈によって運動中、心停止が起こる可能性はないとは言えないそうですが、まだ年齢的には大丈夫だとは思います。
それと、心配なのは麻酔のようです。
どちらにせよ、Asterは麻酔には過敏だなぁ。と感じていたので、今後はより気をつけていきたいです。

とりあえず、こんな感じでした。
ちなみに通常だと触診のみではなくレントゲン撮影を行います。
今回は、お願いして触診&歩様チェックのみの診断を頼みました。
やはり麻酔はやたらにかけたくないですからね・・・

それにしても、なかなか凄い病院でした。
Antisも診てもらおうかなぁと思っています。

DSCF8288a.jpg


DSCF8349a.jpg

スポンサーサイト



| Asterの成長記録 | 23:31 | comments(3) | trackbacks(0) | TOP↑

| PAGESELECT |