FC2ブログ

PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

獣医さんへ

今日は久々に獣医さんへ。
行かなくちゃ行かなくちゃと思いつつ、延び延びになってしまったAntisの血液検査と最近お腹(胸部)付近に出来た柔らかいデキモノを診てもらいに。
ついでにAsterの体重も測定するのに同伴した。

Antisを診察台に乗せて保定するのに、伏せながら「ひょえーひょえー!」と騒ぐAster。(ーー;)

だぁぁぁ!!!!ウルサイッッッ!!!(▼▼メ)

Antisの保定をしながら後ろに居るヤツに足蹴り炸裂。
新人獣医さん、ドン引き。(と思う。)


Antisは前脚からの採血が血管が細くなりすぎてしまって出来ないので、後ろ足から
採血。
次に、もしも何かあったら留置入らないんじゃないだろうか・・・と少し心配。

さて、気になる血液検査の結果は・・・・
「ほぼ良好♪」

ALP:100U/ℓ
GOT:36 U/ℓ
GPT:87 U/ℓ
T-BIL:0,2mg/㎗

GPTが若干高いのだけど、院長いわく「許容範囲」だそうで、
100を超えたら投薬が必要なんだとか。
とりあえずは、何かない限りは半年に1回の血液検査で大丈夫だろうとのこと。
サプリメントや食餌で、可能な限り気をつけてやらないとだ。

さて、お腹に出来たデキモノに関しては、先生の勘では「脂肪だろ」とのこと。
Antisは、しょっちゅうこの類のデキモノが出来るので、様子を見て大きくなるようなら取る事になった。

・・・そう言えば、Antisの胃捻転からもう1年が経過した。
去年の8月14日の夜だった。去年の今頃は、術後のケアに一生懸命だったんだ。
こうして、当たり前のように元気に私の元に居てくれる事に感謝しなくちゃならない。
助けてくれた病院の院長初め、スタッフの皆様、色んなアドバイスを下さった方々にも・・・・。


Antisの診察が終わったので、血液検査の結果待ちの間、Asterを診察台に乗せて体重測定。
なんと、34.5キロ。重くなった。
(Antisはベストの40キロちょうど。)
実は、ここ最近フードを替えて吸収率が良くなったように感じたので、フードの量を減らしているのだ。それでおよそ1キロの体重増加という事は、なかなか良い傾向だ♪

私たちが午前中最後の患者だったので、結果が出るまでの間、Asterを診察台に馴らす練習をした。
今まで、私一人で暴れるAsterを台の上で横向きになど出来なかったんだけど、今日はどうにか無理矢理にでも横向きの姿勢に成功。
2回やって、しっかり褒めて少し安心させる事が出来た。
(緊張で息も荒く身体も硬直していたけどね(^^;;;)
たいして怖くないとわかってくれればいいんだけどね・・・。

| 我が家の犬達 | 21:14 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

PREV | PAGESELECT | NEXT