FC2ブログ

| PAGESELECT |

≫ EDIT

何事も練習?

最近、同胎のアッシュが股関節のレントゲン検査を受けた。
無麻酔での撮影で、ちゃんと大人しく肢を伸ばしてレントゲン撮影出来たとの事で、暴れてしまうような犬には麻酔がかけられてしまう事を考えると、やはり無麻酔でちゃんと大人しく出来るようにしておかないととあらためて思うのだった。
実際、Asterはお耳に異物事件で早くも無駄な麻酔をかけてしまっている・・・。まぁ、あんだけ耳の奥で皮膚に刺さっていたらどうしたって難しかったかもしれないけど。
実際、レントゲン撮影するのに大暴れするデッカイ図体したヒトが我が家にいます。まぁ、それで麻酔!ってなってしまう事はなかったけど、「ヒョェエエエ~~~!!」と鳴き叫び、一度は肛門腺を噴出しちゃう程抵抗されました・・(ーー;)
どうも固い診察台の上で仰向けになっているだけでもツライらしく、その上後ろ足をピーン!と伸ばさなければならない体勢が彼には苦痛だったようで。違う病院で何度か撮影しているけど、(覚えているだけで3回)1箇所はガラス素材の診察台。その時に一番抵抗しました。狭いレントゲン室で、保定する方も身動きが取りにくくて。
まぁ、それはそうと。
Asterは、一応第1回目のレントゲンは去勢時に行うつもりなので問題ないけど、今後無麻酔での撮影をする事もある事を想像すると、どうも大人しくはしていない気がする。(^^;)
そんな不安から、1日に1回くらいは「足ピーン!!」の練習をするようにしている。(笑)
仰向けにしてから大腿部を擦ってやりながら「足ピーーンして」と言い、根気強く待つ。
今日は一番リラックスしてずーーっと足ピーンの状態で5分以上仰向けになれた。
「足ピーン」の言葉の意味を理解してくれるようになれば、自分からこの姿勢をしてくれるようになるとは思うんだけど・・・
基本的に、獣医さんに無理やり何かをされると思うと抵抗を見せるからなぁ。AntisもAsterも。
無理強いばかりせずに、抜くところを心得ている獣医さんだと比較的我慢できるみたいなんだが。。
足ピーンの練習
こんな感じです。お腹ただれているでしょ・・・
眠いらしい
自分から見た格好(笑)

しかし・・・動物病院という環境で、しかも固い診察台の上となるとこうはいかないんだろうなぁ。マット持参ってワケにはいかないんだろうかといつも思う。(^^;)
スポンサーサイト



| Asterの成長記録 | 15:22 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

| PAGESELECT |