FC2ブログ

| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

「DM遺伝子検査結果」提供及び「アンケート」のお願い(固定記事)

***ジャーマンシェパードを愛する皆様へ***


Gシェパードの「DM(変性性脊髄症)遺伝子検査結果」提供と「アンケート」のお願いです。
国内のシェパードの状況を知ることで、一つの指標になると考えています。

「検査結果提供のお願い」はこちら
↓↓↓
http://mat-23.com/dm_project/dm_boshu.html
(過去の検査結果も募集しております)

「アンケートフォーム」はこちら
↓↓↓
http://mat-23.com/dm_project/form03.html


皆様のご協力をお願い致します。


**アスター達の願いです**
DMアイコン
スポンサーサイト

| 変性性脊髄症(DM) | 12:57 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

***犬用車イス(歩行補助器)の有効活用***

変性性脊髄症(DM)は、シェパードの場合はだいたい最初の症状が出てから約1年ほどで自力での歩行が困難になってきます。

発症から約1年1~2ヶ月くらい(車イス不使用時)
https://youtu.be/6CONAut3-XE

進行を少しでも遅くする為に理学療法やウォーターセラピーなど色々ありますが、犬用車イスはリハビリに役立つと思います。
(車イスって言い方よりも、本当は歩行補助器と言う方が正しいのかも)
毎日水泳に通えれば良いですが、現実的には週1~2回が限界かなと思いますし、なんと言っても日々の積み重ねが
一番のリハビリになるのではないかなと。


自力歩行出来るうちは、無理させすぎない範囲で自力歩行で頑張る時間を作るのも大事です。
だけど、自力歩行だけでは散歩距離も時間も減って来てしまいます。
(言うこと効かなくなった後ろ足を引き摺って歩くのは相当なパワーと労力が必要になりますし、
腰が下がりますからつくべきまともな筋肉はつきません・・・)

活動量が減れば、筋肉も落ちるのは当然で、筋肉が落ちていけば、益々運動量も減り、関節への負担も増すと言う悪循環。
なので、そこを車イス(歩行補助)で補ってあげる考え方です。

自力歩行+αの運動を車イスで気分良く♪
気分良く颯爽と風を切って走れる喜びってのは大事だと思いますし
ボール遊びも犬同士の遊びも出来て、車イスに乗っていれば大きなストレスなく自由に走り回れるので、嬉しそうでした。

同時期の車イス使用時
https://youtu.be/HJvbjMqGnd8
https://youtu.be/D5JE6SJkwO8


なので、我が家は自力歩行の時間+足りない分を車イスで筋力低下を極力防ぐように意識していました。
単純に高齢で・・・ってのとは違うのがDMなので、いくら筋力維持といっても、麻痺がどんどん進んでしまうんですけどね・・・

どう頑張っても進行を止める事が出来ないのがDMです。
だからこそ、せめて可能な限り筋力を落とさない事が私たち飼い主に出来る事なのかなと・・・・

なので散歩時間は若い頃と同じままで、1日2回/1回に1時間半~2時間。(休憩は必須)
公園まではアスファルトなので車イスで移動し、公園では車イスを外して、自力歩行。

自力歩行が疲れたら、休憩挟んで車イスでまた遊んで、休憩。
犬の様子見ながらこのルーティーンで、最後の休憩済ませたら車イスで帰路につくような感じでした。

車イスの脱着回数は多くなると飼い主的には大変ですけど、ずっと乗せっぱなしはまた疲れすぎてしまうのでマメな乗せ降ろしが大事。

座る→自力で立つ
https://youtu.be/B2kevIhYolM
こんなのもいくらかリハビリになるかも?なんて思ってやっていました。


また、Facebookの非公開ページにて「DMによるジャーマンシェパードの介護 情報交換コミュニティ」を
開設しています。(2017/6/25開設)
DMを疑われるシェパードをお持ちで、その進行に不安を抱えていらっしゃる方、同じ経験をしてきたメンバーや、
現在進行形で介護中のオーナーさんとの情報交換・悩み相談などが主な目的です。
非公開ですので、グループに参加のメンバーさんしか閲覧・投稿できません。
最初は簡単な質問2つに回答していただいてからの承認になります。

DMの犬たちの生活の質を上げる為に情報が欲しい方は是非、ご参加ください。
↓↓↓
https://www.facebook.com/groups/2009929582562125/



**アスター達の願いです**
DMアイコン

| 変性性脊髄症(DM) | 13:41 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

FM放送の録音

先日放送された、ラジオ放送の音声を録音してくださいました(^^)
お聞き逃しの方、こちらから聴けます↓

https://blogs.yahoo.co.jp/poruka0309/16360634.html





**アスター達の願いです**
DMアイコン



| 変性性脊髄症(DM) | 14:31 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

FMで紹介されます

FM佐世保の「はっぴぃ!FM」の愛犬・金太郎と街さるく と言う番組内にシェパード愛好家の方が出演され、
犬の遺伝病について、中でも変性性脊髄症(DM)の事を主に取り上げて話題とされるようで、
「DMゼロを目指して」の事もご紹介いただける事になりました。
ちょっと急ですが、今夜の放送です。

エリア外でも今はスマホや、パソコンでもアプリを入れると聴けるようですので、
興味のある方は是非、全国の皆さまに聴いていただけたらと思います。
(以下から必要なアプリをダウンロードして視聴可能)
https://fmplapla.com/happyfm/

愛犬・金太郎と街さるく
8月28日(火) 夜8時〜8時半の15分間くらいだそうです。

私もどのようなお話になるのか楽しみにしています。


**アスター達の願いです**
DMアイコン

| 変性性脊髄症(DM) | 10:08 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

PDより回答いただきました。


本日、日本警察犬協会(PD)より以前送ったメールに対してのお返事を頂きました。
JSVに続き、PDからもこのようなお返事がいただけた事は一歩前進かなと思います。
これも、ご協力いただいた皆様のご協力のお陰が大きいと感じています。
この場を借りて、ありがとうございました。

メールをしてくださった方へは恐らく既に同じ内容のものが届いていると思いますが、以下に転載致します。

PDからの返信内容にもありますように、《愛犬家の関心が薄い事》も重い腰をあげない一因でもあります。
ただ思うっているだけでは何も伝わらないし変わらない。
地道であっても「一人一人の声・アクション」と言うものが、いずれ繁殖者や協会を動かす事に繋がると思います。

皆様お忙しいことと思いますが、今からでもPD及びJSVへの要望メールを出していただける方、ご協力お願い致します。
(PDに関しては、他の6犬種の方も要望出されると良いのではないかと思います)


―――PDへの連絡先――――――
メール
info@policedog.or.jp
電話
03-5828-2521
―――――――――――――――


――――JSVへの連絡先―――――
メール
info@jsv.ne.jp
電話
03-3816-7431
――――――――――――――――



以下、転載です。

○○○○○様

 平成30年7月7日付、ご相談メール、ありがとうございました。
 貴重なご意見、そして辛いご体験などお聞かせ頂き感謝致します。

 遺伝性疾患に関しましては、純血種の宿命として避けては通ることが出来ない大きな問題です。
シェパード犬種の変性性脊髄症(DM)だけでなく、ドーベルマン犬種の拡張性心筋症(DCM)など、当協会公認7犬種についてだけでも多様に亘ります。
 以前より当協会ではこの問題について「何をしなければならないか」「何が出来るか」という観点から、登録部・繁殖管理部を中心に協議して参りました。
しかしながら、和が国においては愛犬家の関心が薄い事、検査機関の脆弱さ等々から、先送りになっている感は否めません。
 特に検査機関にあっては、同じ検体で検査結果がバラバラという実態もあり、各専門分野の先達の方々との協議は今後も続けていかなくてはなりません。

 本件に対する今後の方針としましては(個人的な希望も含めて)、会員各々が当該のDNA検査をした結果(検査機関発行の証明書等をもとにして)を血統書に記載する、というところまで進捗すれば、繁殖に際して相手犬(牡、牝問わず)に対する信頼性が高まるのではないか、と考えています。

 以上、簡単ですが当協会の現在の状況をお知らせ致しました。

 本メールが遅くなりました事、お詫び致します。

公益社団法人日本警察犬協会
理事 ○○○○
***************************************
公益社団法人日本警察犬協会
〒110-0015
東京都台東区東上野4-13-7
TEL 03-5828-2521
FAX 03-5828-3768
***************************************

| 変性性脊髄症(DM) | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

| PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。